こんにちは「鳥獣被害対策.com」の宮畑です。

今日の鳥獣害対策の知恵袋は、踏み板式箱わ
なでアナグマを捕獲したお話です。

アナグマは、本州以南の人里から山地までの
森林地帯に広く分布しています。
寒冷な地域では冬眠しますが、温暖な地域で
は冬も活動しています。

関東の人里に近い地域では、冬でも活動して
いるようです。食性はミミズや甲虫の幼虫と
いった土壌動物、カエルなどの動物質のもの
から、果実、木の根などの植物質のものまで
食べる雑食性です。
農作物ではトウモロコシ、スイカ、イチゴ、
ブドウ、トマトなどが被害にあいます。

昔から肉のおいしさには定評があり、アナグ
マ料理の代名詞ともなっている『ムジナ汁』
は聞いたことがある人も多いかと思います。

ちなみに、タヌキ、アナグマの両方をひっく
るめて『ムジナ』と呼ぶ地方もあるようです
が、主にはアナグマのことを指します。

ムジナ汁
ムジナ汁

昨年の狩猟シーズンに、アナグマ狙いで、群
馬県の人里に近い場所で箱わなをしかけまし
た。
使用した箱わなは、折り畳み式のアニマルト
ラップModel1089です。
力の強いアナグマ対策のため、パワーフレー
ムを取り付けました。
アニマルトラップ Model1089パワーフレーム付き
アニマルトラップ Model1089パワーフレーム

折り畳み式の箱わなでは、アナグマや大型の
アライグマなど力の強い個体が捕獲されたと
きに、特にシャッター部分と本体の間を押し
広げて逃げられる場合があります。
パワーフレームを取り付けることで逃亡を防
ぐことができます。

今回、箱わなを設置した場所は、林道沿いの
施設の脇です。このあたりは、よくアナグマ
が目撃されたり、足跡を見かけた場所です。
施設のフェンスに沿うように設置し、扉の反
対側に自動撮影カメラを設置しました。

エサは、ゆでたピーナッツを用いました。
薄くしょうゆ味がついた商品を売っていたた
め、それをそのまま使いました。
エサは箱わなの周辺に点々とまき、入り口、
箱わなの中ほどに少し多めに、一番奥にはさ
らに多めにエサを置きました。

箱わな設置から3日目にアナグマが現れまし
た。かなり大型の個体です。

箱わなの周りにまいたピーナッツを見つけ食
べています。
あらかた箱わなの周りにまいたエサを食べつ
くすと箱わなの入り口のエサ、中ほどのエサ
と次々に食べていきます。

最後に箱わなの一番奥にまいたえさを食べて
います。うまい具合に踏み板に体重が乗った
瞬間にトリガーが外れて扉が閉まり、捕獲成
功です。

アニマルトラップModel1089は、高さ31.5cm、
幅26.5cm、奥行き81.5cmあるのですが、
獲れたアナグマは、箱わなが小さく感じるほ
ど大型の雄個体でした。
ちなみに、血抜きして内臓を取り除いた状態
で11.5kgありました。

アナグマ捕獲

止め刺し後は、速やかに血抜きし、内臓を取
り除いて氷で冷やして持ち帰って捌きました。
脂がのりまくっていて、赤身より脂のほうが
多いくらいです。

アナグマ捕獲後_肉

早速ムジナ汁にしたのですが・・・・肉を噛
むたびに嫌なにおいが口中に広がります。
肉全体に染みついているようで、汁にも匂い
がついています。

実は捌いている最中にも、ちょっと鼻につく
匂いが気になっていて嫌な予感はしていたの
ですが・・・。
使った肉の部位だけに匂いがついているのか
と、いろんな部位の赤身や脂身を少しずつ焼
いて試食してみたのですが、ことごとく匂い
が染みついていました。
残念ながら、肉全体に匂いが染みついてしま
っているようです。

どこかで味わったことのある匂いなので、記
憶をたどってみたところ、カルガモの尾脂線
の脂の匂いに近いものでした。
それをもっと少し強くしたような感じです。

血抜きから解体、精肉までかなり気を使って
処理したので、その過程で匂いがついたとも
思えません。
ショウガを使ったり、牛乳に付け込んでみた
りと、いろいろ試したのですが、匂いが気に
ならないレベルまで消し去ることはできませ
んでした。

元来は、おいしいはずのアナグマですが、あ
まり大型の雄個体は、食には向かなそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
アナグマ対策用箱わなはコチラ⇒

箱わな以外のアナグマ対策商品はコチラ⇒

アナグマの生態などはコチラ⇒

動物被害を防ぐ4つのステップとは?⇒
獣被害を防ぐには

自動撮影カメラはコチラ⇒
自動撮影カメラ_all・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鳥獣被害対策.comでは、商品の割引情報など
お得な情報が満載なメールマガジンを
月に2回、配信しています!

ぜひ、登録してみてください!
メルマガ登録はコチラから⇒

miyahata takayuki

Pocket
LINEで送る