こんにちは、
株式会社地域環境計画の澤田です。

今日の鳥獣害対策の知恵袋はアライグマ捕獲
のための「箱わな」についてです。

※株式会社地域環境計画は鳥獣被害対策.comの運営会社です。

昔は「かわいい動物」として名を馳せた“ア
ライグマ”ですが、最近は地域の生態系をか
く乱する外来種ということが徐々に浸透・・・
また、アライグマによる農業被害が日常的な
出来事となり、日本の各地で箱わなを使った
捕獲が行われるようになりました。

ちなみに、アライグマですが、皆さんはすぐ
に見わけることができますか?

ハクビシン写真1

タヌキ写真2

アライグマ写真3

アナグマ写真4

答えは、「写真3」です。

ちなみに、「写真1」はハクビシン
「写真2」はタヌキ
「写真4」はアナグマです。

見分けのポイントとしては以下のとおりです。

●アライグマ
・体毛は灰褐色や茶褐色-
・目のまわりと鼻筋が黒い-
・尾の輪模様が特徴的-
・指が長くて器用、前足で物をつかむことができる-
アライグマ_見分けのポイント

●タヌキ
・体色は全身白毛が少しまだらに入った灰黒色-
・四肢は濃褐色-
・目の周囲には黒のやや濃いパンタ模様-
・尾はふさふさしている尾先は黒毛
タヌキ_見分けのポイント

●アナグマ
・体色は全体にくすんだ褐色-
・四肢と胸はやや濃い褐色-
・目のまわりは黒っぽい褐色-
・鼻筋は白色-
・ずんぐりした体つきで耳は小さい-
・爪は長く湾曲している
アナグマ_見分けのポイント

●ハクビシン
・体色は灰褐色-
・顔面と四肢の下部は黒褐色-
・鼻筋が白いのが特徴的-
・尾は長く、尾先が黒褐色-
ハクビシン_見分けのポイント

中型獣は、意外、容姿が似ているので注意が
必要ですね。

さて、少し話がそれてしまいましたが、ここ
からが本題です。

皆さん、箱わなは専用のものを使っています
か?
もしかしたら、自作の箱わなで、アライグマ
を捕獲しようとしていませんか?

賢くて、意外と力持ちであるアライグマには、
生半可な気持ちでは太刀打ちできません。
ぜひ専用の箱わなをお使いください。

・・・と、いうのも・・・

私の実家では、家庭菜園を営んでおり、イチ
ゴを育てています。
決して収穫量は多くはないですが、家族全員
がイチゴを食べるのを楽しみにしていました。

しかし・・・です。。

家族が丹精込めて作り上げた家庭菜園に、何
者かが現れ、イチゴを根こそぎ食べ尽くして
しまったのです!

犯人は誰だ!!

犯行現場の現状保存をしっかりと行い、そし
て厳密なる現場検証・・・
そして、ついに現場に残された足跡から畑荒
しは「アライグマの仕業に違いない」という
結論に至りました。
(こんな時、自然環境調査を生業にしている
私が役立ちます!)

必ずホシを挙げ、家族の恨みを晴らすために
「捕まえてやる」・・・
そう意気込んだのは、工作好きな父でした。

そして、父は1日がかりで、見様見真似で箱
わなをつくりました。

自作の箱わな
父自慢の箱わなです!

アライグマは、雑食性で果実・野菜・穀類、
カエルやネズミなど小動物、鳥類、魚類、
昆虫など幅広く食べますが、父の住んでいる
辺りでは、イチゴやトウモロコシなどの甘い
農作物に、特に被害が出やすいようです。

そして、この地域でアライグマに悩んでいる
のは、私の父だけではないようです。

周りでも被害に遭う方が結構いて、地域の方
とは「何によく食いつくか」といった、エサ
の話題も盛んで、「スナック菓子が好きらし
い」「チキンラーメンも捕まる」など、いろ
いろと試されているとのことでした。

そんな、みんなのアドバイスを受けつつも、
父はあえてイチゴを使い、アライグマの捕獲
に挑みました。
(口惜しさを忘れないためでしょうか・・・)

・・・そして、父の願いが叶い・・・

ある朝、見事にアライグマが入りました!
狙い通りでした。
父は「やったぞ!」「どうや!」とばかりに、
早速、市役所へ引き取りの電話を入れたそう
です。

アライグマ捕獲
手製の檻で捕まったアライグマ

ところがです・・・

電話をしてから戻ってみると、箱わなが倒れ
ています。。
「あれ~?」
箱わなにいるはずのアライグマがいない、
どこだっ!

おそらく、アライグマは父に見られたことで
警戒、大暴れをして、その拍子に後ろ側の網
が外れて逃げしまったようです。

市役所に電話をかける、ほんの数分の間の出
来事でした。

「せっかく捕まえたのに~!」と、父は大変
悔しがっていました。

逃げられたアライグマ用箱わな
逃げられた自作の箱わな。
しっかりと作ったつもりでしたが・・・。

アライグマは、見た目の可愛らしさとは違い、
気性が荒く、暴れもします。
さらに、また鋭い爪も持っています。
今回のお話のとおり、生半可な自作の箱わな
では、アライグマには太刀打ちできません。。

一度中に入れば逃げられない、専用の箱わな
をお使いください。父からの教訓です。

アライグマ対策用箱わな商品はこちら⇒

この他のアライグマ対策商品については「鳥
獣被害対策.com」に詳しい説明があります。
ぜひご覧になり、アライグマ対策にお役立て
ください。

アライグマ対策商品はこちら⇒

その後、父は市の職員の方から
「・・・この罠では逃げられるかなぁ・・・」
と言われ、「市が罠の貸し出をしているので、
それを使ってほしい」と、アライグマ捕獲用
の箱わなをお借りしたそうです。

そして、つい先日、「アライグマを捕まえた
どー!」との報告を受けました。ちなみに餌
は腐りかけのリンゴだったそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

動物被害を防ぐ4つのステップとは?⇒

獣被害を防ぐには
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鳥獣被害対策.comでは、商品の割引情報など
お得な情報が満載なメールマガジンを
月に2回、配信しています!

ぜひ、登録してみてください!
メルマガ登録はコチラから⇒

sawada

Pocket
LINEで送る