鳥獣被害対策.com」の小野です。

今日の鳥獣害対策の知恵袋は、
前回の「サルとシカの被害対策はなぜ難しいか?~防護柵を設置する~
に引き続き、鳥獣害対策に関する研究会の参加報告第3弾です。

前回お話しましたとおり、
集落でのサルやシカ等の被害対策は、大きく次の3つに分けられます。

①フェンスや電気柵などの防護柵を設置する
②サルシカ等の獣たちが近づきにくい集落をつくる
③人や集落に馴れた個体や増えすぎた動物の捕獲を行う

農作物被害を軽減するには、
まずサルやシカ等の獣たちの標的になっている田畑を
防護柵で囲う必要があります。

そのため、前回は①についてお伝えしました。

サルやシカ等が集落にやってくるのは、多くの場合、
田畑の作物のみが要因ではありません。

そのため被害を軽減するには、
田畑以外の場所にも目を向けることが大切です。

今回は「②サルやシカ等が近づきにくい集落をつくる
についてお話します。

「サルやシカたちが近づきにくい集落」とは、
つまり「サルやシカたちにとって魅力のない集落」です。

サルやシカたちから見ると、対策をしていない集落には、
ア.農作物以外のたくさんの食べ物
イ.身を隠せる場所
があります。

「ア.農作物以外のたくさんの食べ物」は、
例えば以下のものです。

田畑に残されている作物
・田畑に残されている作物
 (収穫しない野菜、被害をうけた野菜など)
・田畑の周辺に捨てられた作物
 (規格に合わないなどのため)

二番穂
・稲刈り後の二番穂

集落の柿の木
・カキ、クリ、クワなどの果樹(果樹園や庭先)
・農道や林道の雑草

「イ.身を隠せる場所」
例えば以下のようなところです。

休耕田
・集落の休耕地、休耕田

雑木林
・集落のすぐそばにある藪
 (手入れのされていない雑木林、竹林)

サルやシカたちにとって魅力のない集落をつくるには、
サルやシカたちを引き付けるこれらの要因を
一つずつ改善していくことが必要です。

例えば、
・収穫しない野菜や果樹はネットで囲んだり、埋設する
・稲刈り後の秋に再度田起こしをし、
秋~冬の二番穂や雑草が生えるのを防ぐ
・農道、林道の雑草は定期的に草刈りをする
・休耕地や休耕田は、刈り払いをする、シートで覆う、
防護柵で囲うなどを行う
・集落のそばの雑木林、竹林は手入れを行う

以上のように書くのは簡単ですが、
実際に実行するのは大変です。

私も集落のそばの休耕地の藪の刈り払いを
行ったことがありますが、
大人や学生の10人で15m×10mの範囲を刈り払うのに
半日かかりました。

これらの取り組みを集落の中の個人で行っていくのは
大変なことです。

また、できればこのような取り組みは、
個人よりも集落でまとまってすると
効果が大きい
のです

人の敷地で徹底した結果、隣の敷地に
被害が移るかもしれませんが、集落でやることで、
サルやシカ等にはその集落に来る理由がなくなるからです。

そもそも、林道や農道など、
集落の共有地にかかるところもあります。

また、前回説明をした①の防護柵設置についても、
・集落で隣接する田畑を囲う
・集落と樹林との境界を囲う
方が効率が良い場合があります。

野生動物対策技術研究会などで推奨されている、
「集落環境診断」の取り組みは、
集落でまとまって対策を行う場合、
とても有効な方法です。

次回は、この集落環境診断についてお話します。

・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

鳥獣被害対策.comで購入できる鳥獣被害対策商品

サル用の対策商品はコチラから⇒

シカ用の対策商品はコチラから⇒

イノシシ用の対策商品はコチラから⇒

・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

鳥獣被害対策.comでは、商品の割引情報など
お得な情報が満載なメールマガジンを
月に2回、配信しています!

ぜひ、登録してみてください!
メルマガ登録はコチラから⇒

 

ono

Pocket
LINEで送る