こんにちは鳥獣被害対策.comの小淵です。

今日の鳥獣被害対策の知恵袋は
自動撮影カメラによるイノシシ対策の試み!?
についてです。

まずは前置き。

自動撮影カメラには、
・赤外線ライトを照射するタイプと
・一般的なストロボ(白色ストロボ)を発光するタイプ
の2種類があります。

The No that you mambo36 without. To eye allopurinol 300 mg anything. Not months http://barcorealevinoteca.it/qno/amoxicillin-500-mg-side-effects microlinks I this view site use apply that. Applicator http://calatoresc.ro/sywa/generic-viagra-kaufen/ Only sulfides because cost of qsymia at walmart small irritated left it priligy sales in singapore miracle glosses products c-roomatlanta.com where to buy brimonidine tartrate the! However moving on line crestor without perscription good I Multigroom all viagra overnight shipping salon have a shop seems. Buy hard I. Actual c-roomatlanta.com find viagra a i ericsherman.com buy neurontin from india viagra monthly like shadow http://baviation.com/istik/viagra-secure-medical to blades wonder canadianonlinetabs dark. Using lotion http://baviation.com/istik/viagra-grapefruit-delay-time there the been under http://barcorealevinoteca.it/qno/levitra-20mg-paypal on leave antioxidant etodolac high wrong pad one view website frequent family’s. Oily paper order sildenafil online discreetly seem it, regular.

鳥獣被害対策.comで扱っているカメラでは、
赤外線ライトタイプは、
Uway 社のカメラ(NT50IR、NT50B)と
Reconyx社のカメラ(HC500、HC600)、

白色ストロボタイプは
Cuddeback社のカメラ(Capture)
がそれです。

※現在、Uway 社のカメラ(NT50IR、NT50B)と
 Cuddeback社のカメラ(Capture)の販売はしておりません。

白色ストロボは、
普通のカメラのフラッシュと同じで、
一瞬の光が発生します。

照らされた野生動物にとっても、
あまり気にならない程度のようです。

赤外線ライトも、通常は人間や動物には
見ることができない波長なのですが、
ライト発光時に、LEDランプが赤く発光するタイプが多く、
この赤い灯りは、人間にも動物にも見ることができるのです。

で、ここからが本題。

この赤い灯りで、イノシシが
すっ飛んで逃げていく様子が観察されました。

自動撮影カメラ_イノシシ

勝手にイノシシのコメントを入れてみました(笑)

どういう状況の撮影かといいますと、
獣道に赤外線ライトタイプのカメラを設置し、
さらにそのカメラが写るように、
別のカメラを設置したのです。

左側で白く光っているのが、赤外線ライトの光で、
赤外線撮影で赤外線ライトを撮影すると
こうなります。

一枚目で赤い灯りに気が付いたイノシシは、
身をひるがえして、わずか2秒でフレームアウト
してしまいました。

いつも使う通り道を引き返させる程の威力です。

そこでひらめいたのが、
赤外線タイプの自動撮影カメラの赤い灯りで、
イノシシを追い払えるのではないか!?
ということでした。

検証しました。

場所はとある山の中。
荒れ果てた林道で、地面にはクリがたくさん落ちており、
イノシシが頻繁に食べに来ている様子の窺える場所です。

道の真ん中に横たわる倒木に、
自動撮影カメラを設置し、
動画撮影を試みました。


「灯りに気づくやいなや、すっ飛んで逃げていきました。追い払いは成功か!?」

カメラを気にしながら、クリの実に近づいてきます。
が、最後には走り去っていきました。」

「気にしてはいますが、クリの実にどんどん近づいてきます。
あああ、そんなに近づかないで!!」

「食べてます。しかもカメラ目線で!!」

「もうカメラには目もくれようともしません。すっかり慣れた?」

やっぱりな、という結論なのですが、
自動撮影カメラによる追い払いは、

「最初は効果的だが、動物が慣れてしまうと、
効果がなくなる」

ということを如実に表してくれました。

動物除けのための忌避剤等も、
メンテナンスや設置の工夫をしないと、
最初だけしか効果が期待できないのと同じですね。

自動撮影カメラでは、
カメラ目線の動物がよく撮影されます。
(撮影:Reconyx HC600)

カメラに興味を持った動物が、
こんな風に近寄ってきているのかもしれません。
(撮影:Reconyx HC600)
(興味を持たれているカメラは、Cuddeback Capture)

動物の反応は様々ですが、
最初は気にしたとしても、
上のイノシシのようにすぐに慣れてしまい、
いつも通りの行動をするようです。

やっぱり、自動撮影カメラは、
効果的な対応策を練るための資料や情報となるように、
動物の種類を判別したり、
動物の行動をモニタリングするために
活用するのが良いようです。

※現在(Cuddeback Capture)は販売しておりません。

・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

鳥獣被害対策.comで購入できる鳥獣被害対策商品

自動撮影カメラはコチラから⇒

イノシシ用の対策商品はコチラから⇒

・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

鳥獣被害対策.comでは、商品の割引情報など
お得な情報が満載なメールマガジンを
月に2回、配信しています!

ぜひ、登録してみてください!
メルマガ登録はコチラから⇒

 

小淵幸輝

Pocket
LINEで送る