鳥獣被害対策.com」の宮畑です。
今日の鳥獣害対策の知恵袋は、
鳥獣害対策セミナーin宮崎についてのお話しです。

去る2月22日に、宮崎大学において
「鳥獣害対策セミナーin宮崎」が開催され、
講演者の1人として参加してきました。

鳥獣害対策セミナーin宮崎_01

セミナーには100名を越える参加者が集まり、
とても盛況でした。

鳥獣害対策セミナーin宮崎_02

このことは、宮崎県でも他の地域と同様、
鳥獣被害が深刻化していることの
表れでもあると思います。

セミナーのサブタイトルは
「有効な鳥獣害対策とは?私たちはどのような
技術や機器を開発すべきか?」
です。

セミナーでは
「鳥獣害の原因と対策」
「宮崎県における取り組み」
「電気柵の特徴と注意事項」
「有効な鳥獣捕獲技術」
「イノシシの食害行動と嫌悪刺激」
「宮崎大学農場での鳥獣害対策」

などのテーマで、宮崎大学の先生や
学生、県の職員、対策用品のメーカーなど
産学官それぞれの立ち位置での講演がありました。

鳥獣害対策セミナーin宮崎_03

このなかで「鳥獣対策の現場と販売店が果たす
役割について」
というタイトルで
お話させていただきました。

販売店は、対策用品を開発・制作するメーカーさんと、
対策用品を実際に使用するユーザーとを繋ぐ位置におり、
ユーザーにとって一番身近な存在といえます。

では販売店が果たすべき役割にはどんなことが
あるのだろうかと、改めて整理してみると
以下の3点に集約できるのではないかと思います。

①被害に対するアドバイスや適切な対策用品の販売
 ・悩みを聞き、次にどうすればよいかをアドバイス
 ・加害動物に対応した製品を選定
 ・ニーズに合った性能や規格の製品を選定
   
②正しい取り扱いをサポート
 ・製品性能を最大限に発揮する使用法、管理法       
 ・不具合発生時の対処やアドバイス 
  
③顧客の声をメーカーに伝える
 ・製品の不具合や使い勝手など
 ・更なる改良点の要望や提案

特に③は、対策用品の改良や開発に直接つながる
重要な情報になります。

どんどん「声」を寄せていただければと思います。

「鳥獣被害対策.com」が、果たすべき役割に対して、
十分に対応できていない面も多々あると思いますが、
これからもスタッフ一同より良いサービスができるよう
頑張っていきますので、よろしくお願いします。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

鳥獣被害対策.comのホームページはコチラから⇒

miyahata takayuki

Pocket
LINEで送る