鳥獣被害対策.com」の宮畑です。
今日の鳥獣害対策の知恵袋は、
くくり罠(イノシシ対策用)の設置についてのお話しです。

関東でもイノシシやニホンジカによる農林業被害、
生態系被害が続いており、
個体数調整の施策の一つとして、ほとんどの自治体で
狩猟期間の延長措置を実施しています。

自治体ごとに対象種や猟法、区域、
延長期間が設定されており、
栃木県のように終了期間の延長だけでなく、
わな猟のみ11月1日~11月14日まで
前倒し延長を実施した自治体もあります。

埼玉県でもイノシシを対象に、
わな猟のみ3月15日までの1ヶ月間、
猟期を延長しています。

そこで、一般の銃猟の猟期が終了した
2月18日からスタッフの実地研修も兼ねて
埼玉県でイノシシの足くくり罠を設置してみました。

足くくりわな_01足くくりわな_02
・イノシシ足くくり罠

今期に埼玉県でのわな猟の狩猟者登録を
していたのが私だけのため、
実際の設置や回収は私が行いました。

スタッフには、点検時等に現地に同行してもらい、
くくり罠の構造や設置方法の確認をしたり、
けもの道や足跡、掘り返し跡、ぬた場等を
みんなで見て回りました。

くくり罠を仕掛けるうえで、
最初に重要なことは、設置場所の選定です。

まずは、林内や周辺の草地等を踏査して、
けもの道、足跡、掘り返し跡、ぬた場、立木への
こすり跡などの痕跡(フィールドサイン)を探します。


・けもの道

イノシシ_足跡
・足跡


・掘り返し跡

イノシシ_ぬた場
・ぬた場


・立木へのこすり跡

イノシシが生息しているところでは、
たいていの場合、けもの道が縦横についています。

このけもの道の中から最近利用していると
思われるけもの道の目星を付けます。

●比較的新しい足跡がついている
●新しい糞がある
●立木に新しいこすり跡がついている
●付近に新しい掘り返し跡がある

等の痕跡(フィールドサイン)の有無
などを元に絞り込んでいきます。

また、実際にそこを使っているかどうかの確認に、
自動撮影カメラを仕掛けてみるのも有効です。

今回もしっかりとイノシシが撮影されていました。
↓↓↓【Ltl Acorn 5210Bで撮影】

ここぞと目星を付けたら、罠の設置にかかります。
けもの道をイノシシが歩いてきたときに、
どこに足をつくかを推定します。

フラットな場所だと決め手に欠けますが、
倒木などの障害物が横切っている場所、
段差がついている場所では、
障害物や段差を越えるために足をつくであろう場所を
絞りやすくなります。

また、比較的急傾斜のところでは、
足を滑らせながら降りてきて足跡が止まっている
ところ(少しフラットになっているところ)が
ある場合もあり、ついた足に体重もかかりやすいため、
効果的な設置場所です。

とはいえ、個体の大きさや、
斜面を登っていくのか降りてくるのか、
ゆっくり歩いているのか走っているのかで
足のつき位置は変わります。

このため、ピンポイントで足のつき位置を
特定することは困難です。

可能であれば1~2mの間に複数台仕掛けると、
より効果的です。

イノシシに警戒されずに、通り道にくくり罠を
仕掛けることが出来ていれば、
あとは、確率論の問題です。

イノシシがより高頻度に通過するか、
罠の数を増やすかすることで捕れる確率は
高まりますが、費用面も設置できる
罠の数にも限りがあります。

そこは懐具合や感覚で決めるしかありません。

次回はくくり罠の設置手順についてのお話です。

⇒イノシシくくりわなの設置手順

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

イノシシ用足くくり罠はコチラから⇒

自動撮影カメラはコチラから⇒

イノシシ対策商品はコチラから⇒

イノシシ被害の現状と対策についてはコチラから⇒

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鳥獣被害対策.comでは、商品の割引情報など
お得な情報が満載なメールマガジンを
月に2回、配信しています!

ぜひ、登録してみてください!
メルマガ登録はコチラから⇒

 miyahata takayuki

Pocket
LINEで送る