鳥獣被害対策.com」の千葉です。
今日の鳥獣害対策の知恵袋は
“ミンク”の分布拡大についてのご紹介です。

皆さんはミンクという動物を知っていますか?

北海道にすんでいる方は
名前を聞いているかと思いますが、
本州ではまだまだ知らない方が多いかもしれません。

北海道の河川沿いを歩いていると、
ミンクらしき足跡をよく見かけます。

ときにはその足の持ち主?に出会うことも。

ある時調査中に、ふと川に流れ込む水路をみると、
黒くて細長い動物と目が合いました。
ミンクだ!とお互いびっくり。

ミンクはすぐに水路脇の石組みの隙間に消え・・・
と思ったのもつかの間、
大きな魚をくわえて出てきました!

大事な獲物を隠してあったんですね。

当HPのミンクの画像には
このようなエピソードがあったんです。

ミンク対策_画像
★ミンク被害の現状と対策はコチラから⇒

実はこのミンクが、本州で分布を拡大しているんです。

ミンクの分布拡大が問題となっている、
長野県千曲川流域では、
1980年代~90年代はじめにかけて、
ミンクの養殖が行われていました。

その当時は周辺で散発的に目撃される程度でしたが、
2000年代に入ると急速に目撃例が増え、
漁業被害が報告され始めました。

1980年代の導入から約20年で、
流域全域で目撃されるようになったのです。

地元では養殖魚や、放流魚の被害が発生し、
役場や、漁業協同組合が主体となって
ミンク対策に乗り出しています。

近年では、福島県郡山市でミンクの
高密度分布が確認され、隣接する群馬県、
宮城県にも生息が確認されています。

長野県のペースで行けば、
あと10年ほどで広範囲で確認されるほど
分布を広げる可能性があります。

このような状況にありながらミンクに対する
認知度は低く、対策は盛り上がっていない状況です。

その理由として、シカやイノシシなど、
他の動物による鳥獣被害と比較して
被害規模が小さいことが挙げられます。
※北海道でも年間百万円に届かない程度です(平成13~16年))

しかし、被害を受けている漁業、
養殖業の方々にとっては死活問題です。

分布が拡大する前、
被害が発生する前から対策を開始することが重要です!

★ミンクの捕獲に適したワナはコチラから⇒

★その他ミンク被害対策商品はコチラから⇒

++++++++++++++++++++++++

鳥獣被害対策.comでは、商品の割引情報など
お得な情報が満載なメールマガジンを
月に2回、配信しています!

ぜひ、登録してみてください!
★メルマガ登録はコチラから⇒

++++++++++++++++++++++++

千葉利郎

Pocket
LINEで送る