こんにちは鳥獣被害対策.comの小淵です。

今日は、全国をにぎわす鳥獣対策や
野生動物のニュースのご紹介です。

すでにfacebook上で、
鳥獣ニュースを配信しておりましたが、
少し深い話題のものやコメント等も含めて、
ブログでもご紹介させていただきます。

情報が新鮮なうちに、
ホットな話題としてお届けしますので、
不定期な発行になりますが、
できるだけたくさんの方に、
たくさんのニュースをお届けしたいと思います。

また、小淵の勝手な言い分も
多々含まれておりますが、
皆さんからのご意見もいただければ
うれしいです。

★特定外来生物 交雑種も指定へ 

アライグマの研修会等で、
アライグマはタヌキやアナグマと交雑しないのか?
という質問をたまにいただきます。

特定外来のアカゲザルと
在来のニホンザルはかなり近い分類で、
どちらもオナガザル科マカク属に
分類されます。

ぶっちゃけていうと、
外見と住んでいる場所が離れているから、
別の種類になっているということ、です。

以前から、彼らの交配は問題になっており、
今後のアカゲザルの防除は、
より難しいものとなりそうです。

ちなみに、アライグマは、アライグマ科に属しており、
タヌキ(イヌ科タヌキ属)や
アナグマ(イタチ科アナグマ属)との交配によって、
交雑種が産まれることは
限りなくゼロに等しいと思われます。

 

★大森山のアライグマ、今どこへ? 脱走から1カ月

1か月経っても捕まらないということは、
思ったよりも遠くに移動していることも
考えられますね。

キーは、園内にいた時に、
繁殖行動をとっていたかどうかだと思います。

もしも繁殖参加していない場合、
雌を求めて長距離の移動を
行っているかもしれません。

しかし、秋田県ではこれまでに
野外でのアライグマの情報がないため、
結局、雌に出会えずに旅が終わる可能性も
ありますね。

できれば、雌探しはあきらめて、
動物園に「帰宅」してくれれば、
生態系にとっても、
このアライグマ個体にとっても、
幸せなことなのかもしれません。

 

★茅野市の鹿捕獲数 実施隊が貢献809頭

実施隊設置初年度でかなりの成果が出たようです。
今年度も4月から取り掛かれるということで、
より捕獲が進むと思われ、
ますますの成果につながりそうです。

しかも、捕獲費用も低コストなため、
予算的にも持続可能な対策ですね。

 

★春の陽気に誘われて? 兵庫・篠山城跡にヌートリア

私も、とある中国地方の県で、
カメラで撮影したら
顔のアップになってしまうほどの距離に
近寄られたことがあります。

狩猟民としての血が騒いだのですが、
捕獲許可を得ていない場所でもあったため、
見逃してあげました・・・

ちょっと物騒な話になってしまいましたが、
ヌートリアは特定外来生物です。

個体としては、なつきやすかったり、
行動も見ていると面白くて興味深いのですが、
種として考えた時に、
そこにいることの問題点も少しでも含めて
報道していただけると良いのですが・・・

+++++++++++++++++++++++++++

・アライグマやの被害で困ったら⇒

・シカの被害で困ったら⇒

・動物被害を防ぐ4つのステップとは!?⇒

+++++++++++++++++++++++++++

鳥獣被害対策.comでは、商品の割引情報など
お得な情報が満載なメールマガジンを
月に2回、配信しています!

ぜひ、登録してみてください!
★メルマガ登録はコチラから⇒

+++++++++++++++++++++++++++

小淵幸輝

Pocket
LINEで送る