鳥獣被害対策.comの小野です。
4月から、千葉県にイノシシの捕獲を
学びに行っています。

地元で箱わなの見回りをしている方にご一緒し、
捕獲のノウハウを学んでいます。

イノシシ捕獲_01

イノシシ捕獲_02

箱わなでのイノシシの捕獲は、
餌を撒いて行われます。

イノシシ捕獲_03

細かな技術については割愛しますが、
一番大切なことは頻繁に、
できれば毎日見回りを行い、
撒いた餌の減り具合や周囲の足跡の変化を
逐一観察することです。

頻繁に見回りをしていると、
足跡や痕跡からイノシシが徐々に
箱わなに近づいてくる様子が分かったり、
場所によっては箱わなの周囲は歩いているものの、
箱わなを警戒し中に入らない様子など、
様々なケースに出会います。

状況に合わせて、
周囲の餌を足しておく、
あえて触らずに待つ、などさまざまです。

イノシシ捕獲_04

イノシシ捕獲_05

イノシシ捕獲_06

イノシシ捕獲_07

 イノシシ捕獲_08

被害が出ていて捕獲したいが捕まらない、
という方は、
こまめに見回りをして、工夫すること、
地域に住む熟練した捕獲者に話を聞くこと、
が大切と思います。

あきらめず、少しずつやっていきましょう。

また、箱わなに対するイノシシなどの
獣の反応は、足跡でも推測することができますが、
センサーカメラを使うと
いろいろなことが分かります。

捕獲を進めていくために、
集落でいくつか持っておくと、
勉強会や地域ぐるみの活動にも
活用できることと思います。

実際の撮影画像はコチラです↓
・自動撮影カメラ【SG560P-8M】でイノシシを撮影

昼間

夜間

—————————–

★自動撮影カメラ【SG560P-8M】はコチラ⇒

★イノシシ捕獲用の箱わなはコチラ⇒

★その他イノシシ対策商品はコチラ⇒

+++++++++++++++++++++++++++

鳥獣被害対策.comでは、商品の割引情報など
お得な情報が満載なメールマガジンを
月に2回、配信しています!

ぜひ、登録してみてください!
★メルマガ登録はコチラから⇒

+++++++++++++++++++++++++++

ono

Pocket
LINEで送る