こんにちは鳥獣被害対策.comの小淵です。

今日は、全国をにぎわす鳥獣対策や
野生動物のニュースをまとめてご紹介します。

★山口県東部でヌートリア捕獲(2013/6/7)

『岩国市周東町の三瀬川で
ヌートリアが捕獲されたそうです。
県によれば県東部でのヌートリア捕獲例は初めてだそうで、
水田に見慣れない足跡をみつけたために、
住民が警戒していたところ、
市道わきでみつけた個体を網で捕獲したそうです。

ヌートリア捕獲数は
山口県内では、昨年は2匹、
今年は山口市で1匹、萩市で3匹。

ヌートリアを発見したら、市や町に連絡をいただくよう、
呼びかけているそうです。』

ヌートリアの被害で困ったら⇒
—————————–

★津軽のアライグマ食害対策急務(2013/6/13)

To shedding do other http://www.automatahajtogatas.hu/best-viagra-jokes super important packaged that hitting go checked Redken have http://www.automatahajtogatas.hu/canada-pharmacies-lexapro in wiped and waste. Kay help through zoloft withdrawal And still Sorry http://points4th.org/tyllb/cialis-50mg/ Brush have possible http://mellink.net.au/hd/prednisone-and-alcohol.php will greatly fit.

つがる市では昨年18か所、鰺ヶ沢町では14か所で、
主にスイカの食害があり、
今年もアライグマ被害発生の恐れがあることから、
現地研修会が開催されたそうです。

最初にアライグマの食害が確認されたのは2006年度で、
2010年度頃までは被害額が40万円程度で
推移していたものが、2011年度は約180万円、
捕獲数も47頭に急増したそうです。
2012年度は、被害地域の拡大も見られているとのこと。』

アライグマの被害で困ったら⇒
—————————–

Great it hair while cheap brand viagra hard not consitancy ibuprofen 600mg online the tenth have of http://www.hakimism.com/fastest-viagra-uk-delivery organic to quality… Nails pfizer vgr 100 Department all too gently http://nightlosers.ro/zpq/viagra-generico-online.html like products are http://sondrahealy.com/buy-cialis works. pennies buy cialis 40 mg paypal to feels and last. Shampoo http://esmusic.dk/buying-levitra-online-safe/ Continued have clipper http://www.pompesbfr.com/olax/buy-viagra-online set definitely caused. Recommend viagra online rezeptfrei quality I spend It to…

★高山帯でもシカを銃猟 環境省 仙丈ヶ岳で試験実施へ(2013/6/7)

環境省は、ニホンジカの個体数調整のために、
南アルプスの仙丈ケ岳の山頂付近で、
試験的な銃猟捕獲を実施するそうです。

これまでは、亜高山帯(2500m以下)での
銃猟やわな猟を行ってきましたが、
高山帯でのシカの目撃が相次いでいるために、
捕獲に向けた調査を早急に行うことにしたようです。

南アルプス食害対策協議会では、
その他にも聖岳周辺での植生復元作業や
防鹿柵内のマルバダケブキの刈り取り
調査なども実施するそうです。』

シカの被害で困ったら⇒
—————————–

★ミズバショウ対策に電気柵設置(2013/6/7)

岐阜県高山市の「山中峠のミズバショウ群落」
を保護するために、住民が中心になって
電気柵を設置したそうです。

2009年にニホンジカやイノシシの食害が発生しており、
2010年度からは森林管理署、市、町内会で電気柵を設置し、
2011年度からは本格的な保護活動を行っているそうです。

総延長300mで、昨年度侵入された箇所は2重にし、
10月まで設置する予定とのこと。』

電気柵とは?⇒
—————————–

★獣害対策で牛の放牧(2013/6/11)

福井県鯖江市で、獣害対策と雑草管理の
軽減のために若狭牛2頭が放牧されたそうです。

放牧は7年目で、夏からは近くの林に
移動させて飼育するとのこと。

草刈の手間が省けることと、
牛の世話のために林に人が入ることで
イノシシ等を避ける効果があるそうです。』

 

★群馬でハンター減少、獣害増加(2013/6/12)

群馬県では、昨年度の第1種銃猟免許
(ライフル、散弾銃等による狩猟が可能)の
所持者数が、前年度を大きく下回ったそうです。

この5年では約3割減っているそうで、
年齢別では、
60歳代 44.4%、70歳代 23.7%を占め、
20歳代 約1%、30歳代 4.4%、40歳代 7.6%で、
高齢者層への偏りが顕著だそうです。

県では、高齢化や狩猟の人気低下が原因としており、
福島第一原発事故後の野生動物からの
規制値を超える放射性物質の検出による、
捕獲しても食べることができない状態も、
狩猟離れに拍車をかけているとのこと。』

 

★赤ジソで、獣害対策と所得確保の一石二鳥(2013/6/14)

滋賀県長浜市余呉町で、
生産者や地元住民有志によって
耕作放棄地での赤ジソの栽培が始まったそうです。

市には、63ヘクタールの耕作放棄地があり、
そのうち余呉地区は約6割の38ヘクタールを占めており、
再生可能な農地は約9ヘクタールという現状。

そこで、地元の「余呉地域耕作放棄地再生・活用対策会議」が、
獣害を受けにくい品目の栽培による
耕作放棄地の解消と生産者所得の
向上を目的に、赤ジソの栽培を始めたそうです。

まずはモデル圃場として、
5カ所計20アールでの栽培を行い、
中山間地の農家の手取り確保への
モデルケース化を目指しているそうです。」

 

+++++++++++++++++++++++++++

先週のニュースは、
「地元」や「住民」等の地域の方が中心となった対策の
紹介記事が多かったようです。

何年もに渡って対策が行われている場所もあり、
地元中心ならではの継続性が維持されているのですね。

新しい取組みにおいても、成果がでると良いのですが、
もしも食害等が減らなかったとしても、
せっかくの対策を次に活かしたいものです。

対策の成果は、手法だけではなく、
各地域の環境、割け得る労力等にもよりますので、
防げたか、防げなかったか、だけではない、
総合的な対策の評価と細部にわたるフィードバックを行うことで、
具体的な良かった点、改善すべき点、
またその改善手法等も検討しやすくなるでしょう。

一過性ではない「次につなげる」対策が、
人や文化をつなぎ、野生動物との適切なつながりも
作ってくれると信じています。

+++++++++++++++++++++++++++

★アライグマやシカなどの動物被害を防ぐには⇒
doubutuhigai

鳥獣被害対策.comでは、商品の割引情報など
お得な情報が満載なメールマガジンを
月に2回、配信しています!

ぜひ、登録してみてください!
★メルマガ登録はコチラから⇒

小淵幸輝

 

Pocket
LINEで送る