鳥獣被害対策.comの小野です。

今回はツキノワグマの人身被害、
農作物被害とその対策について
お話いたします。

■近年のクマの出没増加について
近年、東北、信越、東海などを
中心に、ツキノワグマの出没が
多く確認されています。

いままでいなかった場所に出てくる
ようになった、人身事故が増えたなど、
クマの棲む地域に住んでいる方の中には、
実感されている方も多いと思います。

ツキノワグマ爪痕
・ブナの幹に残ったクマの爪あと

クマの出没はイノシシやシカと違い、
農業被害のみでなく、
人身事故も引き起こしてしまう
恐れがあり、出没に対する
心理的な負担の大きい動物です。

実際に今年も、クマによる
人身事故が各地で発生しています。

古くから出没が確認され、
クマの存在に慣れている地域では、
他の加害獣の方が大きな問題と
なっていることもありますが、

近年クマが出没するようになった
地域では、不安を感じる方が多く、
駆除が強く望まれることがあります。

■クマによる人身事故とその対策
日本に生息するクマは植物食中心の雑食性で、
特に本州、四国に生息するツキノワグマは、
植物食の傾向が強いです。

春に若葉、タケノコ、山菜、
夏にイチゴなどの木の実、
秋にはドングリやクリを食べます。
※餌の少ない夏場ではアリやハチは
 貴重な食べ物であり、哺乳類の
 死骸を食べることもあります。

人身事故で多いのは、
春に山菜採り、タケノコ堀りに
出かけた人がクマに出会ってしまい、
襲われてしまう、というケースです。

クマも人も、山菜やタケノコに夢中で
お互いに気づかず、急に人に出会って
しまったクマが驚き、人を襲ってしまう、
ということが多いようです。

また、歩いていて死角から来たクマに
突然出会ってしまい、襲われてしまう、
ということが多いようです。

人は、人を傷つけられる爪を持ち、
力の強い動物であるクマを恐れますが、
クマにとっても、何をするか分からない
人間は、とても怖い存在です。

そのため、通常クマは
人を避けて行動しています。

人身被害を防ぐためには、早めにこちらの
存在をクマに知らせることが重要です。

クマの出没する地域では、
こちらの存在を知らせるために
クマ用の鈴をつけたり、ラジオをつけて
歩くようにしましょう。

また、山に多く入られる方は、万が一
クマに出会ってしまったときのために、
クマ撃退用のスプレーを携行することを
お勧めします。

■農業被害とその対策について
クマによる農業被害は
なぜ起きるのでしょうか。

クマは植物食中心の動物です。

しかし、シカのように固い植物繊維を
分解する消化器系は持っていません。

そのため、植物の中でも果実やドングリ、
柔らかい山菜やフキなど、甘くて、栄養価が
高くて、食べやすい食べ物を求めて
山の中を歩いています。

そんな中、山際にある田畑の農作物は、
クマにとってとても魅力的な食べものになります。

特に夏場はクマにとって山の食べ物が
少ない時期であり、リンゴやモモなど、
夏から秋に収穫される果実、トウモロコシ
などの野菜は、人里に出る危険を冒しても
得たい食べ物になります。

出没するクマを捕獲することも必要ですが、
このように人里近くにやってきたクマが
集落に出てこないよう、
田畑の作物の味を覚えてしまわないよう、
電気柵の設置、
地域ぐるみの追い払い、
不要な果樹の伐採、
放棄作物の除去など

クマを寄せ付けない集落づくりを
おこなうことが大切です。

■弊社で行っている取り組み
人身被害や農業被害をふせぐため、
また獣を寄せ付けない地域づくりのため、
弊社では各種商品の販売や、
講習会の請け負い業務を行っています。

①各種対策商品の販売
弊社では、人身被害や農業被害を防ぐための、
クマ対策用電気柵
クマ対策用の電気柵

クマ対策用箱罠
捕獲用の箱わな(ドラム缶)
クマ対策用熊鈴
クマ鈴
クマ対策用熊撃退スプレー

クマスプレー

などの忌避用品を販売しています。

★クマ対策用商品はこちら⇒

②対策商品を適切にご使用いただくための説明
また、電気柵は効果を最大限に
発揮させるために、設置と維持管理に
いくつかの注意点があります。

購入された方には、それらのコツを
分かりやすくまとめた設置マニュアルを
お配りしています。

★効果的な電気柵の設置方法はこちら⇒

③各種講習会の実施
地域の協議会や市町村などからご依頼を受け、
地域の実情に合わせた、被害対策、
捕獲、追い払いなどの講習会、
獣を寄せ付けない地域づくりのための
講習会を行っています。

ご予算につきましてもご相談させていただきます。

詳しくは
メール:info@choujuhigai.com
お電話:0120-449-106(平日10:00~17:30)
にご連絡をいただければと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鳥獣被害対策.comでは、商品の割引情報など
お得な情報が満載なメールマガジンを
月に2回、配信しています!

ぜひ、登録してみてください!
★メルマガ登録はコチラから⇒

 

ono

Pocket
LINEで送る