こんにちは㈱地域環境計画の久野です。

※㈱地域環境計画は鳥獣被害対策.comの運営会社です。

当サイトでは鳥獣害でお悩みの
お客様方の声にお応えすべく、
自動撮影カメラや、電気柵、箱わななど、
多様な獣害対策商品を取り揃えております。

さて、今でこそこのように様々な
獣害対策商品が開発されていますが、
それらの商品がなかったころの日本人は
どのように野生生物から集落の作物などを
守ってきたのでしょうか。

どうやら資材や技術に乏しかった時代に
生きた農民たちは、様々な工夫をこらして
防除を図っていたようです。

歴史をさかのぼると、
獣害に悩まされていた先人たちの
涙ぐましい努力が見えてきました。

例えば、現存する日本最古の
和歌集である万葉集(7世紀~8世紀ころ)には
次のような歌が詠まれています。

「魂合はば 相寝むものを 小山田の 鹿猪田守るごと 母守らすも」
(想いが同じならば 二人で一夜を過ごしたいが
 鹿や猪が出没する田を見張るように母が見てい
 るので逢うことができない)

この歌のなかで、母が目を光らせている
ことの比喩として用いられている
鹿や猪から田畑を守るために番をする行為は、

「猪追い(ししおい)」と呼ばれ、
近世まで行われていました。

これは農地のそばに小屋を建て、
その中で笛を吹いたり板を打ち鳴らしたりして、
夜通しで田畑の見張りをする方法だったそうです。

獣害対策_猪追い

このような様子だったのでしょうか。
少し滑稽にも思えますが、当時はこれが
最善の方法だったのかもしれません。

夜通し見張らなければならないので、
農民の負担は大きく、翌日の農作業にも
悪影響を及ぼしていたそうです。

ときにはうっかり寝ている間に作物が
食べられてしまうこともあったとか…。

当時の農民たちのストレスが思いやられます。

しかし現代社会に生きる私たちは
技術の進歩によって、なにも寝ずの番で
猪追いをする必要はなくなりました。

笛を吹いたり板を打ち鳴らしたりしなくても、
電気柵を設置すれば電気ショックで動物を
驚かし、侵入を防ぐことができます。
獣害対策_電気柵
→電気柵へのリンク

また、自動撮影カメラを設置すれば、
どんな動物がいつ、どのように出没して
いるかがわかり、カメラの映像をもとに
対策を講じることができます。
獣害対策_自動撮影カメラ
→自動撮影カメラへのリンク

他にも加害動物の種類に応じた
様々な商品をご用意しております。

鳥獣被害でお困りの方は、
夜通しで見張りをする前に、
お気軽に私共にご相談ください。
   ↓↓↓
★フリーダイヤル:0120-449106(平日10:00~17:30)
★メールアドレス:info@choujuhigai.com

 

※参考書籍
高橋春成編「イノシシと人間―共に生きる」
福井栄一著「イノシシは転ばない―「猪突猛進」の文化史」

 

+++++++++++++++++++++++++++

★イノシシ被害の現状と対策についてはこちら⇒

★イノシシ対策用電気柵はこちら⇒

★イノシシ対策用箱わなはこちら⇒

★イノシシ対策商品はこちら⇒

★動物被害を防ぐには?⇒

+++++++++++++++++++++++++++

鳥獣被害対策.comでは、商品の割引情報など
お得な情報が満載なメールマガジンを
月に2回、配信しています!

ぜひ、登録してみてください!
★メルマガ登録はコチラから⇒

 

kuno

Pocket
LINEで送る