鳥獣被害対策.com」の宮畑です。

今日の鳥獣害対策の知恵袋は、
猟期に向けてイノシシ、シカの
生息状況を下見してきたお話し第2段です。

★前回のブログ「イノシシ、シカの狩猟下見その1」

前回下見に行った場所は、
シカばかりだったので、
イノシシの痕跡を求めて
別の山中を探し回ってきました。

最初にあたりをつけて探した
場所は・・・・・
ここもシカ一色でした。

縦横に走るけもの道と糞、
角研ぎ痕があります。

比較的規模の大きいぬた場もあり
ましたがシカの足跡ばかりでした。

けもの道
イノシシ痕跡_けもの道

ぬた場
イノシシ痕跡_ぬた場

大きく場所を変え、あちこち探り
まわった末、かなりの高頻度で
イノシシの痕跡がある場所を見つけました。

まず目に付くのは林道沿いの
掘り返し痕の多さです。
餌を求めてイノシシが掘り返した
痕がかなり広範囲にありました。

ポイントごとに林の中に踏み入ると
直近に利用したと推察されるけもの道と
掘り返し跡、立木へ体をこすりつけた跡が
見つかりました。

イノシシ掘り返し跡
イノシシ痕跡_掘り起し

けもの道
イノシシ痕跡_けもの道_2

体こすり跡
イノシシ痕跡_体こすり跡

違うポイントでもぬた場や足跡、
けもの道、掘り返し跡が見つかります。
明らかに複数個体が利用した痕跡や
かなりでかい足跡も見つかりました。

けもの道
イノシシ痕跡_けもの道_3

体こすり跡
イノシシ痕跡_体こすり跡_2

さすがにイノシシの痕跡だけ、
というわけにはいかず、シカの
糞や角研ぎ痕なども散見されますが、
前回下見に行った場所ほど高密度に
はありません。

生息密度は明らかにシカよりも
イノシシのほうが多いようです。

ただし、林道を奥に進むにつれ、シカの
痕跡が目立つようになってきました。

日も沈みかなり薄暗くなった林内を
歩いていると、谷のほうから複数の
シカの鳴き声も聞こえてきました。

そろそろ帰ろうかと斜面をあがって
いくと30mほど上方で黒っぽい
大型獣が突然走り出しました。

カモシカです。

このあたりのカモシカはかなり黒味
が強いため、ちょっとビビります。

ここまで奥に来るとカモシカを
錯誤捕獲するリスクも高まりそうです。
実際の猟はもっと下方のイノシシの
痕跡が多数あった場所あたりがよさそうです。

 

★狩猟に関する過去ブログ
・狩猟免許について
・狩猟免許取得の勧め
・わな猟免許取得への手引き
・わな猟免許取得への手引き 知識試験編
・わな猟免許取得への手引き 技能試験編~猟具の判別
・わな猟免許取得への手引き 技能試験編~猟具の架設
・わな猟免許取得への手引き 技能試験編~鳥獣の判別

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

足くくり罠6個セット
★イノシシ対策用のお得な足くくり罠6個セットはコチラ⇒

イノシシ、シカ用箱わな
★イノシシ対策用の大型捕獲檻はコチラ⇒

動物被害で困ったら
★動物被害を防ぐ4つのステップとは?⇒

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鳥獣被害対策.comでは、商品の割引情報など
お得な情報が満載なメールマガジンを
月に2回、配信しています!

ぜひ、登録してみてください!
★メルマガ登録はコチラから⇒

miyahata takayuki

Pocket
LINEで送る