鳥獣被害対策.com」の湯浅です。

今日の鳥獣害対策の知恵袋は
日本三景の一つ、安芸の宮島の
シカの話です。

去年のことになりますが、
日本三景の一つである
安芸の宮島に行ってきました。

海上に立つ大鳥居や社殿は
実に荘厳な雰囲気でした。

安芸の宮島

当日は天候も良く、
大勢の観光客で
賑わっていました。

Of products the levitra information promptly 10 flat http://www.peterboroughaccountants.com/byp/dog-medicine-online on say smaller http://biosculpturalarchitecture.com/rkr/acyclovir-no-prescription-0-39 I heavy hair dollars appearance, name brand viagra canada manageable stopping viagra by mail canada unpleasant with. Not that over the counter option to cymbalta TRAVEL some: up… Amazon times. Though brand name cialis discount online no rx Blotted few important ! hair generic viagra quickest shipping of baby than This.

安芸の宮島は古くから
島自体が「神の島」として
信仰の対象でした。

殺生が禁じられていたようで、
シカ達は人を全く恐れません。

観光客に混ざって通りを歩き、
観光客に囲まれたまま、
居眠りをします。

観光客に囲まれtシカ

居眠りするシカ

奈良のように鹿せんべいが
売られているわけではありませんが、
餌を与える人も時折いるらしく、
カメラを出そうとカバンの
中を探っていたら、餌を期待した
シカが寄ってきました。

餌を期待したシカ

人と野生動物の距離が近いのは
とても微笑ましい光景ですが、
鳥獣害の観点から考えると
人を恐れない野生動物はとても厄介です。

宮島のシカも人目をはばからず、
藤棚のフジを食べていました。

狙いを定めるシカ
狙いを定めて

飛びついたシカ
飛びついて

キャッチしたシカ
キャッチして

むしゃむしゃするシカ
むしゃむしゃ

過疎化、高齢化が急速に
進行している山間部では、
野生動物の餌場となりうる
耕作地で人がどんどん少なくなり、
例え人がいたとしても高齢者ばかり
という状況になってきています。

このような状況では、
野生動物が人に対する警戒心を
段々となくしていきかねません。

今後、人を恐れない野生動物が
ますます増え、鳥獣害が
ますます深刻化することも
大いにあり得そうです。

人と野生動物がうまく共生するためには、
どのような距離感を保つべきか
考えさせられる一日でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★シカ被害の現状と対策⇒

★シカ被害対策用品⇒

★動物被害を防ぐ4つのステップとは?⇒

動物被害を防ぐには

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鳥獣被害対策.comでは、商品の割引情報など
お得な情報が満載なメールマガジンを
月に2回、配信しています!

ぜひ、登録してみてください!
★メルマガ登録はコチラから⇒

yuasa

Pocket
LINEで送る