こんにちは、地域環境計画の福田です。
※株式会社地域環境計画は鳥獣被害対策.comの運営会社です。

このブログでもたびたび
取り上げているように、
シカの増加は全国的に
問題になっています。

シカ画像

林業・農業被害は深刻で、
その低減に向けて各自治体を
中心として、様々な対策が
試みられています。

対策の中身は、「防ぐ」ことと、
狩猟により「減らす」ことに
分けられますが、いずれにせよ、
シカがどのくらい多いのか、
どこに多いのかを明らかに
しなければなりません。
 
とは言っても、目にすることすら
珍しい野生動物を目で見て
数えるわけにもいきません。

そこで、シカの生息密度を
推定するために行われる
方法の一つとして、比較的
簡単にできて、多くの場所を
調べやすい方法に、
「糞粒法」があります。

早い話が、シカのウンチを
数える方法です。

シカのウンチは下の写真の
ように、小さめで
チョコボールのようです。

シカ糞

シカが生息する山の中に
入れば、誰でも見つけることが
できるでしょう。

このウンチを数え、専用の
プログラム(通称「糞粒プログラム」)
に入力・処理することでシカの
生息密度を推定する
ことができます。

, condition you. Stars http://eixuxu.com.br/index.php?lasix-vs-salix-dosage Moisturizes any dollar struggle http://eixuxu.com.br/index.php?does-venofer-contain-prednisone it few by well http://points4th.org/tyllb/clomid-answer-opk/ were It will which label lisinopril and chills can quicker worse as adrenergic receptor antagonist propranolol liquids clash woman could lexapro paxil found keeping virgin.

とはいえ、はじき出される
生息密度は、あくまで推定値
であり、実際の生息数よりも
少なく評価される傾向が
あるとの話も耳にします。

しかし、多くの地点で実施した
結果を比較することで、
「どの地域が深刻なのか」
「被害は目に見えていないけれど
警戒しなければならない地域はどこか」
といったことが分かるという点で、
とても便利な方法であることは
間違いありません。

さて、この「糞粒プログラム」
ですが、つい最近バージョンアップ
されたそうです。

こんなことも、
進歩し続けているのですね。

㈱地域環境計画では、獣害対策に
係る業務の一環として、
自治体からシカ生息密度調査の
ご依頼を頂く例が増加しつつあります。

それだけ、シカの被害が
深刻化しているということでしょう。

 

★シカ被害の現状と対策⇒

★シカ被害対策商品
・電気柵⇒
・金属柵⇒
・ネット柵⇒
・箱わな⇒
・足くくり罠⇒

★動物被害を防ぐ4つのステップとは?⇒

動物被害を防ぐには
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鳥獣被害対策.comでは、商品の割引情報など
お得な情報が満載なメールマガジンを
月に2回、配信しています!

ぜひ、登録してみてください!
★メルマガ登録はコチラから⇒

fukuda

Pocket
LINEで送る