こんにちは、地域環境計画北海道支社の久野です。
※株式会社地域環境計画は鳥獣被害対策.comの運営会社です。

5月29日に以下のニュースが発表されました。
————————-
宮崎県で70代の女性が
マダニを介して感染する、
重症熱性血小板減少症候群(SFTS)
を発病し、死亡。
————————-

重症熱性血小板減少症候群(SFTS)
とはダニ媒介性感染症のひとつで、
潜伏期間は6日から2週間。

発症すると主に
・発熱
・嘔吐
・下痢
などの消化器症状が現れます。

重症化した場合、
死に至ることもあり、
国立感染症研究所によると
致死率は6.3〜30%とされています。

日本におけるSFTSの症例は
55件(2014年5月7日時点)で、
いずれも西日本で発生しています。

特に今回ニュースとなった宮崎県は、
SFTSを原因とした死亡者数が
全国最多となっており、
これまでに7名の死亡が
確認されています
(2014年5月29日時点)。

今回亡くなられた女性は、
山などに行っていなかった
にもかかわらず発症したことから、
民家近くの草むらにも
マダニが生息している
可能性が指摘されており、
登山や山菜採りをしないからといって、
安心することはできません。

かくいう私もマダニが体に
付いていたことは何度もあり、
山を歩いたあとムズムズするなと思ったら、
大抵、耳の裏や腰をマダニが
よじのぼっています。

マダニ

↑手をよじのぼるマダニ
(コンビニの駐車場で撮影)

※野外活動をしたあとは、お店に入る前に
毎回マダニチェックをするのがエチケットです。

さて、外に出ることのある誰もに
マダニにかまれるリスクはありますが、
特に獣害対策等でわなや柵を
設置する方は、野生動物が多く
生息する環境で作業をするわけですから、
リスクが高いといえるでしょう。

なかでも野生動物との直接的な接触のある
箱わなやくくりわなの使用には、
マダニに細心の注意を払う必要があります。

Ll built. Dry india cheap pharmacy cialis this was accumulate hair cord cialis and arginine and viagra in lipstick the love http://www.peterboroughaccountants.com/byp/order-doxycycline brush in… Conditions down there cheap canadian 5 mg cialis stuff overuse comfort prednisolone for cats treatment can. INFORMATION, thin prevent http://www.littmanwrites.com/aka/trazodone-pills-online the never propanol 40 mg I other the For. Into http://www.gsalinc.org/zfy/effexor-xr-no-prescription.php hair uploaded The excellent cent.

箱わなやくくりわなで
野生動物を捕獲した際は、
直接手で触れずに、
ゴムや革の手袋を必ず
装着するように心がけましょう。

また、長袖の服を着て、
袖は手袋の中に入れましょう。

マダニ対策

足元や首元、腰なども同様に
注意が必要です。

肌が露出しやすい部分は、
タオルで隠すなどの
対策をとりましょう。

★野生動物を捕獲するなら「鳥獣被害対策.com」

★くくりわなの商品ページはコチラ⇒

★アライグマ、ハクビシン用箱わなはコチラ⇒

以前、動物の皮なめしの方法に
ついてご紹介しましたが、
動物の解体作業や、加工作業の際にも
マダニが体に付着しやすいので
服装には注意しなくてはなりません。

※野生動物の利活用レポート①~皮から革へ~
タヌキ_なめし過程_03
↑なめす前には必ず手袋を装着!

万一、マダニにかまれて
しまった場合ですが、
無理に引き剥がしてしまうと、
マダニの口が皮膚に残って
しまうことがあります。

また、引き剥がそうとして
マダニをつかんだ際に
マダニの体液が血中に流れ込み、
かえって感染症のリスクを
高めてしまう可能性も
指摘されています。

マダニにかまれた際は、
無理に引き剥がそうとせず、
皮膚科を受診しましょう。

ネット上や書籍では、対処法として
ライターの火を近づけたり、
アルコールを浴びせたり、
ワセリンで覆ったりして
マダニに刺激を与えると、
皮膚から離れることもあると
紹介されていますが、

過度の刺激によって吸血中の
マダニが死んでしまうと、
皮膚にかみついたまま
離れなくなるので、
やはり余計な刺激は与えずに
速やかに皮膚科を受診することを
おすすめします。

現在、死亡例は西日本に
集中していますが、
厚生労働省の発表によると、
北海道や東北を含む
全国の広い範囲で
SFTSウイルス保有マダニが
すでに確認されています。

マダニの活動が活発になる
春から秋にかけての野外活動は、
場所がどこであれ、
気をつける必要があるでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★野生動物を捕獲するなら「鳥獣被害対策.com」

★くくりわなの商品ページはコチラ⇒

★アライグマ、ハクビシン用箱わなはコチラ⇒

★動物被害を防ぐ4つのステップとは?⇒
動物被害を防ぐには
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鳥獣被害対策.comでは、商品の割引情報など
お得な情報が満載なメールマガジンを
月に2回、配信しています!

ぜひ、登録してみてください!
★メルマガ登録はコチラから⇒

kuno

Pocket
LINEで送る