こんにちは「鳥獣被害対策.com」の小淵です。
今日の鳥獣被害対策の知恵袋は
自動撮影カメラについてです。

さて、今回は鳥獣被害対策.comで扱っている
自動撮影カメラのモニタリングの一コマです。

現在鳥獣被害対策.comで扱っている自動撮影カメラのうち、
夜間もカラーで撮影ができるのは、
白色ストロボ型のフラッシュを搭載した
CuddebackのCapture」のみです。

先月、このCuddeback社から、
新しい白色ストロボ型のカメラ
Attack」が発売されました。

しかし、鳥獣被害対策.comでは、
いまだにこの「Attack」を扱っていません。

なぜかといいますと・・・
ストロボが強すぎるのです!!!


(Attackで撮影したタヌキ)


(同じタヌキを別アングルからCaptureで撮影)

Attackで撮影された画像は、
画面の下側が真っ白になっています。

Captureの方が、タヌキとの距離も近いにも関わらず、
結構綺麗に撮影されています。

新型のAttackは、
ストロボ光が20mも届くのを売りにしています。

そう、製造元のアメリカでは、シカ等の大型獣を遠くからでも
ピカッと照らして綺麗に撮影してくれそうですが、
日本の野山では、20mも届くライトは、
ちょっと眩しすぎるくらいですね。

現在、減光する方法を考案しており、
近くでもCaptureと同じように野生動物が撮影できるようになれば、
鳥獣被害対策.comでも、
販売することができるようになると思います。

Captureはまだわずかながら在庫がありますよ!

自動撮影カメラCuddeback Captureはコチラから⇒

★過去の小淵ブログ「自動撮影カメラっていいかも!」はコチラから⇒
★過去の小淵ブログ「自動撮影カメラによる野生動物調査その1」はコチラから⇒
★過去の小淵ブログ「アライグマ等の野生動物のモニタリングと自動撮影カメラ」はコチラから⇒

小淵幸輝

Pocket
LINEで送る