鳥獣被害対策.com」の津田です。
今日の鳥獣害対策の知恵袋は、
カラス被害とごみ対策について、自治体の取り組み
紹介したいと思います。

都会では、カラスによる被害が深刻です。

被害の実態は、
1.都会ではごみの散らかし
2.人への攻撃
3.鳴き声、羽音による騒音 
です。

とくに、毎年3月末から7月の繁殖期には
カラスに人が襲われ、
怪我をするという被害もあるようです。

東京都では、増えすぎたカラスによる被害が、
年々深刻化していきました。

●どれだけ増えたの?
東京都のカラスは、1970年台には、
山手線の内側ではほとんど確認されなかったようですが、
1990年代から多数確認されるようになりました。

また、記録によると
1985年には東京都市部には約7000羽だったのが、
1996年には約14,000羽、2000年には約21,000羽と、
どんどんその数を増やしています。

●なぜ増えすぎたの?
この最大の要因は、
人が出す大量の生ごみと言われています。
この大量の生ごみは、カラスの格好の餌となり、
餌の安定供給につながっています。

東京のカラスの食性調査によれば、
カラスの餌は2/3程度!!
が、生ごみや人からの給餌だそうです。

つまり、カラスは、
人の生活に強く依存して生きているのです。


→都内の公園にて、カラスやハトに餌をあげる人。
→餌をあげずとも、この人が移動すれば、
 カラスもハトも後をついて移動していきました。

●東京都は、どんな対策をしたの?
東京都では、2001年から、
カラス対策を始めました。

対策は、「」と、「餌を断つ」という
2本柱で進められています。

まず捕獲は、カラス捕獲トラップによって、
捕獲をおこなったほか、
4月から6月に、巣を撤去する
という方法で行っています。

餌を断つというのは、主にごみ対策です。
ごみの収集そのものは、各区市町村が担当のため、
ネットの普及を促す、生ごみを減らす等の
要請をおこなったようです。

●各区市町村のゴミ対策は、どんなことをやっているの
では、東京都の要請を受けて、各区市町村は
どんな取り組みをおこなっているのでしょうか。

23区の多くの区(杉並区、世田谷区、品川区、
大田区、中野区、豊島区、文京区、板橋区ほか)
では、カラスよけネットが配布されています。

●東京都の取り組みの成果は?
カラスの捕獲、巣の撤去等のカラス対策には、
今までに数億円の予算が費やされています。

例えば、2002年度に使用された予算は、
1億2300万円です。

この費用の大半は、捕獲と、
巣の撤去に費やされているようです。

では、これらの取り組みによって、
どれだけの成果が得られたのでしょうか。

★カラスの生息数は、
2001年の対策当初は約36,400羽であったのが、
2010年には約20,800羽。
最近3年間は、ほぼ横這いで推移しています。

★カラスの捕獲数は、
2001年の対策当初は4,210羽であったのが、
2010年までの10年間で、
139,574羽捕獲しています。

★都庁によせられたカラスに関する苦情相談件数は、
2001年の対策当初は3754件であったのが、
平成15年から減り始め、2010年には514件と
減っています。

●最後に
本当に個体数は減ったのか?という疑問を持つ
専門家もいるようですが、こういった取り組みによって
苦情件数が激減しているのは、
その対策による効果ではないかと、私は思いました。

東京都の他にも、
カラス対策に熱心な自治体はあります。

カラスの被害でお困りの方は、
自治体の担当部署へ相談してみてはいかがでしょうか。

東京都のカラス対策については、
報告書にまとめられています。
より詳しく知りたい方はこちらをご覧下さい⇒

tsuda tomoka

Pocket
LINEで送る