鳥獣害対策と野生生物の専門家による鳥獣害防止の”知恵”を発信するブログ

イノシシ対策の罠!?

  • HOME »
  • イノシシ対策の罠!?


イノシシ対策の罠!?
~箱わなの捕獲効率を上げるポイントとは?~

イノシシ被害の対策では、
次の3つの方法を総合的に進めていく必要があります。

1.防護柵の設置
   田畑への侵入を防ぐ
2.集落全体での環境整備
   収穫放棄された農作物の撤去、藪の刈り払い等
3.捕獲(個体数管理)

今回は、罠(箱わな)を使ったイノシシの「捕獲」について、
その効率を上げるためのポイントをお話します。

◆ 捕獲効率を上げるためには「急がば回れ」
大切な農作物が荒らされ被害が出ているのだから
「一刻も早く捕獲したい!」のですが、
すぐには捕まりません。

イノシシは臆病で警戒心が強く、
罠を置いてもなかなか近づきません。

少し遠回りのようにも思えますが、
まずは、イノシシの警戒心を解き罠に近づけさせる
捕獲は次のステップです。

◆ 具体的な方法は?
イノシシの警戒心を解く方法、
ポイントは、エサのやり方です。

まず、イノシシが慣れるまでは
罠の扉はロックし、下りないようにします。

①罠の外側にもエサを撒き、徐々に罠に近づくよう誘引する。
②罠の奥までイノシシが入り、エサを頻繁に食べるようになるのを待つ。
(毎日見回りをして、エサの減り方や足跡をチェックします)
③イノシシの警戒心を解いたところで、扉のロックを外し捕獲!

エサの種類は、米ぬかが
使われることが一般的です。

他に、トウモロコシ、リンゴ、サツマイモ、おから、
酒粕なども使われますが、クマがいる地域では、
甘い香りのものは避けた方が良いでしょう
(クマを誘引する恐れがあるため)。

なお、周辺で栽培している農作物は、
餌付けしてしまう恐れがあるため、
エサとして用いない方が良いでしょう。
 
このほか、罠を設置する際にはいくつかのコツがあります。

◆ 被害を出している個体を狙う
イノシシは、通常1年に1回、平均4~5頭を出産します。
高い増加率をもつため、やみくもに捕獲を続けていても
被害はなかなか減りません。

被害の出ている農作地等の近くにある
フィールドサインを見つけ、
狙いをつけた場所に罠を設置し、
被害を出している個体を捕獲します。

◆ 罠の設置場所
イノシシは、安心して身を隠せる
藪や山際を好んで移動します。

罠は、被害の出ている農作地等から離れすぎない、
こうした場所の近くに設置するのが良いでしょう。
(農作地等のすぐ近くに罠を設置すると、
他のイノシシを招く恐れがあります)

◆ 罠の設置方法
イノシシの警戒心を解くため、
罠の底面には土を被せて金網を見えなくします。

イノシシ罠_01

仕掛け糸はウリボウより高い位置に張ります

ウリボウは好奇心が旺盛で、親よりも先に
罠の中にも入りやすいので、子どもが何事もなく
エサを食べる様子を見た親の警戒心が薄れ、
罠に入る可能性が高くなります。

◆◇‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

以上、罠での捕獲効率を上げるポイントについて
お話しましたが、イノシシの被害対策では、
捕獲だけで被害を減らすのは難しいです。

防護柵の設置や、
集落全体での環境整備を併せて行うことで、
効果的な防除に結び付けましょう。

─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─

★イノシシ対策用箱わなはコチラから⇒

★イノシシ対策商品はコチラから⇒

☆イノシシ対策のブログはコチラから⇒

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥◇◆

※捕獲の許可について
イノシシの捕獲は、狩猟免許や捕獲の許可が必要です。
詳しくは、お住まいの県や市町村へお問い合わせください。

<参考>
「野生鳥獣被害防止マニュアル-捕獲編-」
 農林水産省生産局農業生産支援課鳥獣被害対策室

「イノシシから田畑を守る」江口祐輔

「知ってとくとく箱ワナの設置とエサやり法(イノシシ)改訂版」
 新城北設鳥獣害対策協議会

「効率的な捕獲方法とスマートセンサーの役割」
 兵庫県立大学 自然・環境科学研究所 阿部 豪

Pocket
LINEで送る

ご相談ダイヤルはこちら! TEL 0120-449-106 受付時間 平日10:00 ~ 15:00(12:00~13:00除く)

鳥獣被害対策.com

イノシシ、シカ、アライグマ、ハクビシン等の鳥獣害対策グッズを販売しています。
電気柵、ワイヤーメッシュ柵、箱わな、自動撮影カメラ、忌避用品など、各種揃っています!
運営会社 株式会社地域環境計画


イノシシ対策の罠

猪被害を防ぐ3つのステップ

メルマガ登録

twitter

カテゴリ

PAGETOP
Copyright © 鳥獣害対策の知恵袋 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.