こんにちは「鳥獣被害対策.com」の小淵です。
今日の鳥獣被害対策の知恵袋は
写真撮影と狩猟の関係についてです。

どうして突然、写真撮影と狩猟なのかといいますと、
似ていると思ってしまったのです。

写真撮影については、
私は以前「自動撮影カメラっていいかも!」に書いたように、
実際に野山に脚を運んで、自分の目で見て
シャッターを押すのが本物だ!と思っていました。

しかし、現在は寄る年波に負けたわけではなく、
夜に山で夜更かしするのが少し辛くなった
ということは無きにしも非ずですが、
自動撮影カメラを仕掛けて、
動物の写真を撮るのも楽しいと思っています。

やっていることは動物を「撮る」ことで、
本質的には変わりません。

狩猟の「獲る」場合も、
自分でシャッターを切る「銃猟」
ワナがトリガーを落とす「わな猟」があるのです。

狩猟についての話は「狩猟免許について」に譲りますが、
銃猟がカメラを持って野山に出向くのと同じで、
わな猟が自動撮影カメラを仕掛けるのと同じなんですね。

そんなことは分かってる!という方も多いでしょうが、
実はさらにそこから考えました。

わな猟の「わな」には、それぞれの獣種、
そして捕獲方法に応じていろいろな種類があります。
鳥獣被害対策.comでもいろいろな種類を紹介してますね。

自動撮影カメラの場合にも、いろいろな機種があり、
それぞれのカメラごとに得意分野や秀でた機能を
持っています。

そうなんです。つまり、獲りたい動物によって
わなを変えるように、撮りたい動物によって
カメラも変えた方がよいかもしれません。

動物のどんな様子を撮るのか、
つまり、そこにいる動物を片っ端から撮影したいのか、
特定の環境の特定の動物を撮影したいのか、
カラーで撮りたいのか、動きも知りたいから動画で撮るのか、
等々・・・

カメラメーカーは特に何の動物用というスローガンで
製作しているわけではないでしょうが、
使用するこちらが、それぞれのカメラの特性を知り、
性能に応じた使い方を考えれば、
もっともっと有効に自動撮影カメラを活用できるでしょう。

今後はそんな話もブログに掲載していきたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★自動撮影カメラはコチラから⇒
http://www.choujuhigai.com/fs/chiikan/c/camera
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
鳥獣被害対策.comでは、商品の割引情報など
お得な情報が満載なメールマガジンを
月に2回、配信しています!

ぜひ、登録してみてください!
★メルマガ登録はコチラから⇒
https://choujuhigai-blog.com/mailmagazineentry

小淵 幸輝

Pocket
LINEで送る