こんにちは「鳥獣被害対策.com」の千葉です。

今日の鳥獣被害対策の知恵袋は、
札幌市が公開している
ヒグマ出没情報についてのご紹介です。

北海道に生息するヒグマは体重が
100~200kg(最大では400kg!)に達します。

本州に住むツキノワグマが一般的に
60~70kg程度であることを考えると、
その大きさは2~3頭分!
非常に大きいことがわかります。

このように巨大なヒグマでも、
通常は人里に現れることは多くありません。

たとえ出会ったとしてもヒグマの方から
逃げてくれることが多いのですが、
何かの拍子で町まで降りてきてしまう
ことがあります。

昨年全国ニュースで話題になりましたが、
北の大都市、札幌の市街地に
ヒグマが出没するという事件が発生しました。

実は札幌市では、市街地への出没は
少ないものの、周辺の山際の農地、
住宅地での出没は毎年発生しています。

下図は今年8月3日までのヒグマの
出没状況ですが、市街地から
山一つ挟んだ地域で、数多く出没しています。

札幌市ヒグマ出没情報_
※札幌市ヒグマ出没情報のページより引用
(平成24年8月3日までの情報)

北海道では夏はお盆まで、8月後半になると
空気がすっかり秋らしくなります。

秋は冬眠前のヒグマが活発に
食べ物を探す時期、これからの
ヒグマの動きに注意が必要です。

札幌市ではヒグマ出没情報があった場合、
専門家による迅速な現地確認を行い、
住民に対する情報提供を行っています。

★札幌市ヒグマ出没情報のページはコチラ⇒
http://www.city.sapporo.jp/kurashi/animal/choju/kuma/syutsubotsu/index.html

積極的な情報収集が対策の第一歩です!
ヒグマによる農業被害については、
いずれ詳細をご紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
農家の皆様には、電気柵等を用いた
自衛策をオススメします!

★クマ対策用電気柵のページはコチラ⇒
https://www.choujuhigai.com/fs/chiikan/c/bear-package


うちの畑に来ているのは
キツネ?タヌキ?アライグマ?それとも・・・
そのような疑問には自動撮影カメラの
設置がオススメです!

★自動撮影カメラのページはコチラ⇒
https://www.choujuhigai.com/fs/chiikan/c/camera


★新コーナー「獣被害を防ぐには?」
も合わせてご覧下さい⇒
https://www.choujuhigai.com/fs/chiikan/c/inoshishihigai/


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鳥獣被害対策.comでは、商品の割引情報など
お得な情報が満載なメールマガジンを
月に2回、配信しています!

ぜひ、登録してみてください!
★メルマガ登録はコチラから⇒
https://choujuhigai-blog.com/mailmagazineentry

千葉 利朗

Pocket
LINEで送る