こんにちは「鳥獣被害対策.com」の津田です。
今日の鳥獣害対策の知恵袋は、
カラス被害とカラス対策についてのお話しです。

カラスの被害は一般に

1.農地では農作物被害、
2.都会ではごみの散らかし
3.人への攻撃
4.鳴き声による騒音
などの生活被害があります。

ごみを荒らすカラス
ごみを荒らすカラス

こんな被害の多いカラスですから、
対策は、各地で行われています。

農地では、カラスよけに爆音機が設置されていたり、
カラスの模型が設置されていたりします。

しかし、カラス被害はなぜ減らないのでしょうか。

それは、カラスが賢く、
学習能力に優れた生きものだからです。

★カラスの現状と対策はコチラから⇒
http://www.choujuhigai.com/fs/chiikan/c/description-crow

なぜ、カラスによる被害が多いのでしょうか。

カラスは、意外に用心深く、警戒心の強い生きものです。
ですので、カラス対策を講じた最初のうちは、
効果があります。

しかし、学習能力に優れている、つまり賢いので、
それによってダメージを受けないことを学習すると、
その対策を気にしないようになります。
つまり「慣れ」が生じるのです。

これは、学習能力が優れているカラス以外の生きものにも
同様に言えることで、残念ながら、どんな動物にも刺激に対して
慣れというのは生じてしまうようです。

さて、野生鳥獣による被害の大きさは、
・被害量
・被害面積
・被害額
などから知ることができます。

農林水産省によると、
平成21年度の被害額は総額213億円で、
上から順に、

・シカ→71億円
・イノシシ→56億円
・カラス→23億円
・サル→16億円

カラスは、上位3位以内に入っており、
大型動物のサルよりも被害額が大きいのは、驚きです。

この被害額は、あくまで農林業の被害が対象ですので、
ごみの散乱などの生活被害などを含めると被害の大きさは
これ以上になるかもしれません。

これほど被害が大きいカラスですから、被害に対する対策
商品は沢山出ています。

どれに対しても共通して言えることは、
恒久的に効果があるものはない、
ずっと効く商品はない、ということです。

カラス対策のポイントとしては、
常に同じ対策を行うのではなく、
対策方法(設置する対策グッズ)を変えることや、
収穫直前に設置するなど、被害が出る「ここぞ」という時に、
時期を選んで設置するということです。

では、どんな対策を行ったら良いのでしょうか。

用心深く、賢いカラスだからこそ、
ちょっとした動きには敏感です。

様々な対策グッズがある中で、
少しの風でも、揺れて、きらきら光る
「いやがらす」があります。
「いやがらす」は設置が簡単で、設置場所を選ばないため、
初めての方や設置スペースが限られている方にお薦めです。

いずれにしても、カラス対策は、一つの対策で終わりではなく
改良を重ねて継続していくことが大事です。
ひとつの対策を続けているだけでは、
被害が再発する場合がほとんどです。

人間の生活に適応した賢いカラスとは、
知恵比べをしながら、付き合っていきましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★カラス対策商品はコチラから⇒
http://www.choujuhigai.com/fs/chiikan/c/bird
★カラスの現状と対策はコチラから⇒
http://www.choujuhigai.com/fs/chiikan/c/description-crow
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鳥獣被害対策.comでは、商品の割引情報など
お得な情報が満載なメールマガジンを
月に2回、配信しています!

ぜひ、登録してみてください!
★メルマガ登録はコチラから⇒
https://choujuhigai-blog.com/mailmagazineentry

津田 朋香

Pocket
LINEで送る