こんにちは「鳥獣被害対策.com」の千葉です。

今日の鳥獣被害対策の知恵袋は、
ヒグマの出没と、山の実りの関係についてです。

北海道のヒグマや、本州のツキノワグマの
農業被害について報道されるとき、よく話題に
なるのが「山の実りの豊凶」についてです。

秋になるとヒグマは、ミズナラ・ブナなどの
ドングリ類や、ヤマブドウ、サルナシなどの
果実といった栄養価の高い食物を食べて、
長い冬眠生活に備えます

豊かな山の自然が残っていれば、
ヒグマは毎年これらのご馳走にありつける・・・
かと思えば、そうではありません。

ミズナラ・ブナなどのドングリ類は、
定期的に豊作と凶作を繰り返していることが
わかっています。

また、ヤマブドウ、サルナシなどの果実類は
その年の天候が実りに
大きな影響を与えているでしょう。

ドングリ類や果実類の凶作が重なり、
山の実りが極端に少なくなると、
ヒグマの捕獲数が増加することがわかっています。

これは、食料を求めて農地や市街地付近に
ヒグマが出没することが要因と思われます。

ヒグマの好む
ミズナラ・ブナ・サルナシ・ヤマブドウの
豊作・凶作については、北海道庁が情報を収集し、
それをもとに毎年「秋期のヒグマ出没予想」
を作成しています。

今年度のヒグマ出没予想では、山の実りは
概ね並み作であり、ヒグマの出没数は
例年並みになるだろうと予想されています。

平成24年秋季のヒグマ出没予想はコチラ⇒
(北海道環境生活部環境局自然環境課)
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ks/skn/grp/01/higuma/H24fall_shutsubotsu_yoso.pdf

山の実りは地域によって差があり、
それだけでヒグマの出没状況を
説明することは難しいと思いますが、
被害対策の目安にはなると思います。

秋の山の実りは我々人間にも大きな
楽しみですが、時にはクマの目線になって、
ドングリや、ヤマブドウなどの
実りに目を向けるのも良いかもしれません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★クマ対策商品はこちら⇒
https://www.choujuhigai.com/fs/chiikan/c/bear
★その他の鳥獣被害対策商品はこちら⇒
https://www.choujuhigai.com/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鳥獣被害対策.comでは、商品の割引情報など
お得な情報が満載なメールマガジンを
月に2回、配信しています!

ぜひ、登録してみてください!
★メルマガ登録はコチラから⇒
https://choujuhigai-blog.com/mailmagazineentry

千葉 利朗

Pocket
LINEで送る