こんにちは「鳥獣被害対策.com」の逸見です。
今日の鳥獣害対策の知恵袋は
アライグマ被害の対策についてです。

私は4月までこの鳥獣害の対策用品のポータルサイト
鳥獣被害対策.com」の責任者でしたが、
5月から宮畑に交代しました。
しかし、引き続き販売促進に努めてまいりますので、
よろしくお願い申し上げます。

さて、現在全国で急速に個体数が増加し
農作物や文化財などの被害が増えているのが、
特定外来生物の「アライグマ」です。

北海道、関東、中部、近畿地方などでは、
爆発的に増えて地域の皆さんが大変困っています。
まだ少ない地域もありますが、どんどん広がっています。

見かけはタヌキやアナグマに良く似ていますが、

・体が一回り大きい
・雑食性でなんでも食べる
・繁殖力が高い
・縄張りを持たない
・手先が器用で力が強い
・木や建物に登るのも得意

という特徴があり、どんどん増えています。
でも可愛いアライグマを防除するのは可哀想では?

★アライグマ被害の現状と対策を知りたい方はコチラ⇒
https://www.choujuhigai.com/fs/chiikan/c/description-araiguma

もちろん、アライグマには何の罪もありません。
すべては、ペットを勝手に野に放した人間の罪です。

しかし、残念なことにこの様な高い能力ゆえ、
爆発的に増え、地域の生態系や農業などに
壊滅的な打撃を与えてしまうのです。

ですから、国を挙げて個体数が増えないようにしたり、
農作物を守ったりしないといけないのです。

北海道では、老後の楽しみに畑をやっていたお年寄りが、
アライグマに何度も畑を荒らされ、
とうとう病気で寝込んでしまったという話を聞きました。

農業で生計を立てている人たちには
もっと切実な問題です。

さて、畑や果樹などをアライグマの被害から守るには、
柵や電気柵で囲うことが有効ですが、
よじ登ったり地面を掘ったりする能力が高いので、
完全に防ぐことはかなり難しいです。

電気柵のしくみ↓
電気柵の仕組み
★アライグマ対策用の電気柵はコチラ⇒
https://www.choujuhigai.com/fs/chiikan/c/raccoon-electric-fence

そこで、箱わな等で捕獲して個体数を減らすことが
アライグマ被害の対策として最も有効な手段です。

箱わな
★アライグマ対策用の箱わなはコチラ⇒
https://www.choujuhigai.com/fs/chiikan/c/raccoon-boxtrap-small

しかし、地域ぐるみで面的に多くの罠を設置して捕獲しないと、
なかなか減らすことは出来ません。

被害にあった農家の方が自分の農地付近だけで捕獲しても、
その行動範囲に別の個体が入って来るだけで
効果は期待できません。

アライグマと思われる被害にあった方は、
まず地元の市町村役場の鳥獣害担当部署に
ご相談することをお勧めします。

そして、アライグマによる被害なのか、
タヌキ・アナグマなどの被害なのか識別することが重要です。
↓↓
自動撮影カメラで特定しましょう!
自動撮影カメラ
★自動撮影カメラの商品ページはコチラから⇒
https://www.choujuhigai.com/fs/chiikan/c/camera

アライグマであった場合は、鳥獣害担当部署から
防除の方法についてアドバイスを受けることが良いと思います。
まだ個体数が少ない地域では、柵や電気柵も有効です。

アライグマ対策は、正しく手続きを行えば、
狩猟免許が無くても箱罠などで捕獲することが出来ます。

この場合、市町村により対応が異なりますが、
被害の多い一部市町村では、簡単な講習を受けると、
市町村の指導のもとで地域の方々と連携し
捕獲することが出来るようになります。

罠を貸与してくれる市町村もありますが、
市町村が推薦するタイプの罠をご自分で購入することも可能です。

アライグマ対策用の電気柵箱わな
当サイトでも販売しています。
お困りの時はご相談ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★アライグマ被害の対策商品はコチラ⇒
https://www.choujuhigai.com/fs/chiikan/c/raccoon
★自動撮影カメラはコチラから⇒
https://www.choujuhigai.com/fs/chiikan/c/camera
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鳥獣被害対策.comでは、商品の割引情報など
お得な情報が満載なメールマガジンを
月に2回、配信しています!

ぜひ、登録してみてください!
★メルマガ登録はコチラから⇒
https://choujuhigai-blog.com/mailmagazineentry

逸見 一郎

Pocket
LINEで送る