こんにちは「鳥獣被害対策.com」の宮畑です。
今日の鳥獣害対策の知恵袋は、
狩猟者登録のお話しです。

9月1日から今シーズンの
狩猟者登録がはじまりました。

先日猟友会の事務局となっている
銃砲店へ申請に行ってきました。

私の場合は猟友会の
事務局である銃砲店が
申請代行をしてくれるため楽ですが、
猟友会に入っていない場合は、
狩猟をしたい自治体の環境事務所等に
直接出向いて申請する必要があります。

今シーズンは居住している
埼玉県と群馬県で
それぞれ銃猟わな猟
申請しました。

私の場合、
申請料金は居住している県で
銃猟のみを申請すると
2万9千9百円です。

内訳は
・埼玉県猟友会ハンター保険3千円
・狩猟税等1万8千3百、
・狩猟用火薬類無許可譲受票発行料5百円
・トラスト料百円
・大日本猟友会会費3千、
・埼玉県猟友会会費5千円
・地区猟友会会費3千円

これ以外に他県で銃猟を
1県追加するごとに
1万9千3百円かかります。

この他、県内でわな猟を申請すると1万円
他県でわな猟を1県追加するごとに
1万1千百円かかります。

結局今シーズンは全部で
7万3千2百円かかりました!!

7万3千円・・・・
ちょっと高いですよね。

若い狩猟者人口を増やしていくためにも、
狩猟税等をもう少し値下げするとか、
若年層には優遇措置を講じるとか
できないものだろうか、と思います。

★狩猟に関する過去ブログ
狩猟免許について
http://www.choujuhigai-blog.com/archives/513
狩猟免許取得の勧め
http://www.choujuhigai-blog.com/archives/531
わな猟免許取得への手引き
http://www.choujuhigai-blog.com/archives/652
わな猟免許取得への手引き 知識試験編
http://www.choujuhigai-blog.com/archives/773
わな猟免許取得への手引き 技能試験編~猟具の判別
http://www.choujuhigai-blog.com/archives/959
わな猟免許取得への手引き 技能試験編~猟具の架設
http://www.choujuhigai-blog.com/archives/969
わな猟免許取得への手引き 技能試験編~鳥獣の判別
http://www.choujuhigai-blog.com/archives/986

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★動物被害を防ぐ4つのステップとは?⇒
https://www.choujuhigai.com/fs/chiikan/c/kemonohigai/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鳥獣被害対策.comでは、商品の割引情報など
お得な情報が満載なメールマガジンを
月に2回、配信しています!

ぜひ、登録してみてください!
★メルマガ登録はコチラから⇒
https://choujuhigai-blog.com/mailmagazineentry

宮畑 貴之

Pocket
LINEで送る