こんにちは「鳥獣被害対策.com」の宮畑です。

今日の鳥獣害対策の知恵袋は、
再び自宅のベランダに
ハクビシンらしきものが出没したお話です。

前回の「食害の犯人はハクビシン?」はこちらから⇒
http://www.choujuhigai-blog.com/archives/3760

ある朝ベランダに出るガラス戸を開けると、
プランターが横倒しになっている。



ん?昨夜は風も強くなかったし、
地震もなかったはずだが・・・・

そもそも今まで台風や地震で
プランターが横倒しになった
ことは一度もなかった。

今年はシソを育てており、
土もそのまま入っているのでかなり重く、
そう簡単には倒れないものである。

ふと、隣に置いてあるプランター
(ミニトマトを栽培したあと、
そのまま放置していてハコベが
びっしりと生えている)をみると
何者かが横たわったように一部
なぎ倒されている。

さらに隣のプランターを見ると
茶色い物体が・・・・!



モノは中型獣の糞であった。

糞を分解してみたが、明確な果物の
種は見当たらず、何を食べたのかまで
判別はできなかったが、一部甲虫の
上翅の破片が混ざっている。

しかし、匂いをかぐとフルーティーな
香りが混在しているため、何かしらの
果物も食べていることは想定される。



ベランダにはビワかサクランボの
細い枝を伝うしか侵入経路はなく、
まずネコでは登ってこれない構造である。

前回のブログでも書いたように、
春のサクランボの季節にハクビシンと
おぼしきやつが現れたのだがビワの
時期以降は現れてなかった。

餌を求めて再び舞い戻ってきたか。

折しも狩猟シーズンで、
わな猟も登録済みである。

ちょうど、鳥獣被害対策.comで
所有している栄工業のLD75
現行モデルのRBシリーズの旧型)もある。

今シーズンは、自宅のベランダで
わな猟に挑戦してみようと思う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★ハクビシン被害でお困りなら⇒
http://www.choujuhigai.com/fs/chiikan/c/hakubishin
★ベランダを荒らす犯人を特定するなら⇒
http://www.choujuhigai.com/fs/chiikan/c/camera
★動物被害を防ぐ4つのステップとは?⇒
http://www.choujuhigai.com/fs/chiikan/c/kemonohigai/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鳥獣被害対策.comでは、商品の割引情報など
お得な情報が満載なメールマガジンを
月に2回、配信しています!

ぜひ、登録してみてください!
★メルマガ登録はコチラから⇒
https://choujuhigai-blog.com/mailmagazineentry

宮畑 貴之

Pocket
LINEで送る