こんにちは「鳥獣被害対策.com」の唐橋です。
今日の鳥獣害対策の知恵袋は、
ジビエについてのお話しです。

新しい年が明けたばかりですが、
昨年末のこと、忘年会の焼き肉で
食べすぎたのか…翌日にお腹を
壊しました。

その時ふと、最近は
「ジビエ(野生鳥獣の肉)」という
言葉もよく聞かれるようになった
けれど、食べる時に気を付ける
ことはあるのだろうかと思い、
調べることにしました。

最近人気のジビエですが、
イノシシ肉は、疲労回復に効果的な
ビタミンB群、血液をサラサラにする
効果のある多価不飽和酸が
多く含まれています。

シカ肉は低カロリー、高タンパク、
さらに鉄分が豊富で、アレルギー疾患の
原因となるアレルゲン含有量が低い
とされています。

高タンパク、低脂肪な健康食材なのですね。

また、農林業に被害を及ぼす野生動物を
地域資源として活用する取組みが
全国各地で始まっています。

私も道の駅や地域の物産館などで、
ジビエを使ったご当地グルメに
出会うことが多くなりました。


イノシシ肉です。
ジビエも下処理がきちんとされていれば
「獣臭さ」も気にならないんですよ

ですが、一方で安全面に不安を感じている方も
いらっしゃるのではないでしょうか。

以下に、ジビエを安心して食べるために
注意することをご説明します。

ずばり、
【とにかく、しっかり火を通すこと!!】

基本的に生で食べず、中心までしっかり火を
通すことが何よりも大切です。

生や加熱不十分なものを食べると感染症に
感染する可能性があります。

加熱不十分な野生動物の肉を食べた場合に
感染する可能性のある感染症には次の
例があります。

■感染症の例
・E型肝炎
E型肝炎ウイルスにより引き起こされる
急性肝炎で、症状が出ないことも多く
ありますが、稀に劇症化する場合もあります。

特に、妊婦や高齢者では危険性が増すので、
生で食べることは避けてください。

・腸管出血性大腸菌症
国内ではシカ肉による感染が確認されています。
病原性大腸菌により腹痛や下痢、鮮血便などの
症状が現れます。

・その他、寄生虫
トリヒナ症、ウェステルマン肺吸虫などへの
感染が知られています。

このように書いてしまうと、ジビエがとても
危険なもののように思われるかもしれません。
しかし、大切なのは
【とにかく、しっかり火を通すこと!!】
です。

これは通常私たちが食べている牛肉や豚肉など
家畜の肉に対しても言えることです。

これらの感染症は家畜に共通するものも
多くあります。
そう考えると、ジビエだから、と
特別扱いする必要はないのです。

ジビエは、と畜場法の対象ではありません。

しかし、食肉として販売する場合は
食品衛生法の対象となりますので、
一定の衛生基準を満たした施設・工程
で処理がされています。

また、全国の自治体が独自に衛生管理
に関するガイドラインを策定し、
安全にジビエが供給できる体制が
徐々に広がりつつあります。

ジビエだからと過剰に心配せずに、
普段食べている豚肉などと同じよう
にきちんと火を通せば、安全に食べる
ことができますので、みなさん
ぜひ試してみてください。


シカ肉のバーベキューです。
日本の豊かな自然の恵みとして、
よりジビエが身近なものになる
といいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★イノシシ被害でお困りなら⇒
http://www.choujuhigai.com/fs/chiikan/c/boar
★シカ被害でお困りなら⇒
http://www.choujuhigai.com/fs/chiikan/c/deer
★動物被害を防ぐ4つのステップとは?⇒
http://www.choujuhigai.com/fs/chiikan/c/kemonohigai/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鳥獣被害対策.comでは、商品の割引情報など
お得な情報が満載なメールマガジンを
月に2回、配信しています!

ぜひ、登録してみてください!
★メルマガ登録はコチラから⇒
https://choujuhigai-blog.com/mailmagazineentry

唐橋 あかり

Pocket
LINEで送る