こんにちは「鳥獣被害対策.com」の久野です。

今日の鳥獣害対策の知恵袋は、
鳥獣保護法改正による、
網・わな免許の取得可能年齢の
引き下げについてのお話しです。

先月、5月29日より、
改正鳥獣保護法(鳥獣の保護及び
狩猟の適正化に関する法律の一部
を改正する法律)が施行されました。

この度の改正では、
野生鳥獣による農林水産業被害の
深刻化を背景に、従来の「保護」
に加え、新たに「管理」が定義さ
れ、法のなかに盛り込まれました。

法律名も、「鳥獣の保護及び狩猟
の適正化に関する法律」から、
「鳥獣の保護及び管理並びに狩猟
の適正化に関する法律」に変更と
なっています。

そして、改正鳥獣保護法において、
鳥獣についての「管理」は、以下
のように定義されました。

——————————–
「管理」とは、生物の多様性の
確保、生活環境の保全又は農林水
産業の健全な発展を図る観点から、
その生息数を適正な水準に減少さ
せ、又はその生息地を適正な範囲
に縮小させることをいうものとす
ること
引用元:鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律 要綱
——————————–

この法律における「管理」は、一
般的な定義と若干異なり、「減少
させること」、「縮小させること」
が盛り込まれています。

したがって、鳥獣保護法が関連す
る事柄については、「管理」とい
う語句の使い方に気をつける必要
がありそうです。

また、管理によって鳥獣の被害を
低減するべく、この度の法改正で
は、様々な規制の緩和や新制度の
導入が決定しました。

すべてをご説明したいところです
が、今回はそのなかのひとつ、
「網・わな免許の取得可能年齢の引き下げ」
に注目してみましょう。

この度の改正により、網・わな猟
免許の取得可能年齢の下限は、満
20歳から満18歳へと変更になりま
した。
※第一種・二種銃猟免許は20歳のままです。

それでは、免許取得可能年齢が18
歳まで引き下げられると、どういっ
たことが起こるか考えてみましょう。

その1
大学における野生動物管理教育の充実

大学によっては、狩猟による野生
動物管理を学ぶ研究室や、「狩り部」
などの部活動がありますが、これま
では、高校からそのまま進学した場
合、早くとも大学2年生からしか狩猟
免許を取得できませんでした。

しかし、法改正により、大学1年生
でも取得できるようになったことで、
今後は捕獲を含めた野生動物管理の
専門知識を、これまでより早い段階
で学ぶことができるようになるかも
しれません。

その2
『高校生猟師』誕生の可能性

満18歳に達していれば、網・わな免
許の取得が可能になったことにより、
法律上、高校3年生でも網・わな免許
を取得できるようになりました。

自治体によって異なりますが、網・
わな免許試験は春から冬までに3~
4回行われるので、春~夏生まれで
あれば、秋の猟期までに狩猟免許取
得と狩猟者登録を終え、高校在学中
に狩猟をすることも夢ではありません。

もし今後、高校生猟師が誕生すれば、
その話題性から、世間の注目が集まり、
狩猟業界はより活性化するのではない
か!と予想されます。

↓「高校生猟師」が話題になる日も近い!?


果たして、狩猟免許取得可能年齢の引
き下げは、狩猟者の高齢化を防ぐ歯止
めとなるでしょうか。

今後も注目していきましょう!

狩猟に関する他のブログはコチラから⇒
http://choujuhigai-blog.com/category/%E7%8B%A9%E7%8C%9F%E5%85%8D%E8%A8%B1

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★鳥獣被害でお困りなら⇒
http://www.choujuhigai.com/
★鳥獣被害の現状と対策
http://www.choujuhigai.com/fs/chiikan/c/description/
★動物被害を防ぐ4つのステップとは?⇒
http://www.choujuhigai.com/fs/chiikan/c/kemonohigai/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鳥獣被害対策.comでは、商品の割引情報など
お得な情報が満載なメールマガジンを
月に2回、配信しています!

ぜひ、登録してみてください!
★メルマガ登録はコチラから⇒
https://choujuhigai-blog.com/mailmagazineentry

久野 航

Pocket
LINEで送る