こんにちは「鳥獣被害対策.com」の津田です。

今日の鳥獣被害対策の知恵袋は、クマのお話
です。

日本には、本州と四国に生息する“ツキノワ
グマ”と、北海道に生息する“ヒグマ”の2種
類がいます。

ツキノワグマは、体重70~120kg、頭からお
尻までは120~145cmで、胸部に三日月形や
アルファベットの「V」字状の白い斑紋が入
るのが特徴です(希に、模様のない個体もい
ます)。


(ツキノワグマ)

ヒグマは、体重150~250kg、頭からお尻まで
は200~230cmと、ツキノワグマより大きく、
林道で遭遇した方の話によると、ヒグマのこ
とを「軽トラックが向ってくるようだった」
と例えるほど、大きな動物です。


(ヒグマ)

このうち、今回は本州と四国に生息する
“ツキノワグマ”についてのお話をします。

※九州にもツキノワグマは生息していました
が、最後の確実な捕獲記録は1957年で、既に
50年以上が経過しています。

そのため、平成24年に改定された“絶滅のお
それのある野生生物の種のリスト”(環境省)
では、九州におけるツキノワグマは絶滅した
とされています。

また、記憶に新しい出来事として、今年5月
に三重県いなべ市で捕獲されたツキノワグマ
の話があります。

この話は、イノシシ捕獲用の箱わなで錯誤捕
獲されたツキノワグマを、滋賀県多賀町に放
獣、その10日後に、放獣場所から南西側約
6kmの場所で女性がツキノワグマに襲われ、
大けがをしたというものです。

ただし、錯誤捕獲された個体と女性にケガを
させた個体は、鑑定結果によると、遺伝子型
が異なるため、別個体であると判明しています。

このように、クマは他の大型動物と比較して、
人身的な被害が発生することもあり、社会的
に取り上げられることが多い動物です。

昨年(平成26年)は、ツキノワグマが大量に
出没し、各地で問題となりました。

事前に大量出没が予想されていたにもかかわ
らず、100名以上の人身被害が出たそうです。

ちなみに、このツキノワグマの大量出没の予
想ですが、どうやってできたのでしょうか?

実は、クマの餌となるドングリなどの結実量
と関係があるようです。

一昨年(平成25年)は、ブナの当たり年で、
各地でドングリが豊作となりました。このよ
うな年には、十分に脂肪を蓄えた多くの雌グ
マは、冬眠中に出産をすることができます。

しかし、昨年(平成26年)は、ブナの結実が
悪く、不作となった地域が多かったようです。

つまり、一昨年は餌が十分にあって、出産も
順調であったが、その翌年は冬眠前の餌が乏
しく、親クマ・子クマともに空腹状態にあっ
たことが想像できます。

そうなると、クマは餌を求めて、人里近くに
まで出て来てしまい、ツキノワクマとの遭遇
事故が多くなってしまいます。

環境省のホームページには、過去のクマ類の
許可捕獲による捕獲数が公開されています。

昨年度(平成26年度)は、
3,596頭のツキノワグマが捕獲され、
このうち3,412頭が捕殺されています。

捕獲数と出没数はイコールではないものの、
過去の捕獲数をみると、昨年度は一昨年と
比較すると、多かったと言えます。

~過去の許可捕獲数~
平成20年度は1,145頭
平成21年度は1,081頭
平成22年度は3,513頭
平成23年度は1,085頭
平成24年度は2,651頭
平成25年度は1,292頭
平成26年度は3,596頭
(平成25年度(5月暫定値)は287頭)


図 ツキノワグマの捕獲数(許可捕獲数)
(環境省データを参考に作成)
https://www.env.go.jp/nature/choju/docs/docs4/capture-qe.pdf

また、時期的特徴として、大量出没の年には、
夏~秋にかけて人里への出没が増え始め、冬
眠前の10~11月にかけて最も多く人里に出
没することがわかっているようです。

地域によっては、里山が放棄されてツキノワ
グマの生息地が広がり、人間の住む場所との
距離が近くなってしまったことが、ツキノワ
グマの大量出没の原因のひとつとなっていま
す。

また、ある報告によると、ツキノワグマの生
息分布域は、全国的に広がっているという見
解もあります。

年によっては、これからツキノワグマの出没
が多くなる時期になります。
ツキノワグマと出会わないために、予防対策
は事前にしっかりととりたいものですね。

~予防対策~
・山に入る場合は、ツキノワグマに自分の存
在を伝えるため、クマ鈴やラジオなど、音
の出るものを携行する
(クマの人身事故のほとんどは、クマと人が
お互いの存在に気づかないまま、近距離で
出会ってしまい、クマが人を恐れ、襲って
しまうことで起きています。クマは通常、
人を避けて行動するため、自分の存在をク
マに知らせることで、未然に事故を防ぐこ
とができます)

・クマの活動が活発になる早朝と夕暮れ時の
外出を控える

・万が一、ツキノワグマの遭遇に備えて、熊
スプレーやナタなどを携行する

・クマの通り道となっている集落内の樹林の
伐採や藪払い、草刈りをする

・集落内の不要な果樹を伐採する
(もう誰も収穫しなくなった柿の木などを目
当てに、クマが集落に下りてくることがあ
ります)

・ツキノワグマが出そうな場所を特定し、パ
トロールをする(追い払いをする)


→商品リンク:クマ鈴
http://www.choujuhigai.com/fs/chiikan/c/bear-others


→商品リンク:熊スプレー
http://www.choujuhigai.com/fs/chiikan/c/bear-repellnent

余談となりますが、私は仕事柄、山に入るこ
とが多いのですが、哺乳類等の生態調査中に、
ツキノワグマに遭遇することがあります。

自然の中で、赤、黄色、緑色、茶色などはよ
く目にするのですが、真っ黒というのは、な
かなか目にすることは無く、ツキノワグマは
とても目立つ存在です。

漆黒の艶やかな毛並と、躍動する筋肉。
突然、目の前に現れると腰を抜かしてしまい
そうですが、遠くで見ると“美しい”という印
象を持ちます。

ツキノワグマが分布する本州・四国の都府県
の約7割では、「絶滅のおそれのある野生生
物」として指定しているのもまた事実です。

危険な動物という認識が強いために、問題に
なりがちなツキノワグマですが、一方で豊か
な森林生態系を代表する動物でもあります。

遭遇・被害が出ないように、うまく付き合っ
ていきたいですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★ツキノワグマの生態など⇒
http://www.choujuhigai.com/fs/chiikan/c/description-bear
★クマを追い払う、寄せ付けないには⇒
http://www.choujuhigai.com/fs/chiikan/c/bear-repellnent
★クマの侵入を防ぐには⇒
http://www.choujuhigai.com/fs/chiikan/c/bear-package
★クマを捕獲するには⇒
http://www.choujuhigai.com/fs/chiikan/c/bear-boxtrap-big
★クマの行動を確認するには⇒
http://www.choujuhigai.com/fs/chiikan/c/bear-camera
★動物被害を防ぐ4つのステップとは?⇒
http://www.choujuhigai.com/fs/chiikan/c/kemonohigai/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鳥獣被害対策.comでは、商品の割引情報など
お得な情報が満載なメールマガジンを
月に2回、配信しています!

ぜひ、登録してみてください!
★メルマガ登録はコチラから⇒
https://choujuhigai-blog.com/mailmagazineentry

津田 朋香

Pocket
LINEで送る