こんにちは、
鳥獣被害対策.com」の千葉です。

今日の鳥獣害対策の知恵袋は、
アライグマ対策・キツネ対策/電気柵
の設置事例についてご紹介します

この夏、アライグマ・キツネ等の
中型動物の被害でお困りの方に、
当サイトで販売している
「中型動物用電気柵4段100mセット(B12)」
ご購入頂きました。

★アライグマ、ハクビシン、アナグマ等用電気柵 4段100mセット(B12)
http://www.choujuhigai.com/fs/chiikan/raccoon-package/sm0281

そして、収穫シーズンの終わりに、
実際に電気柵を設置している状況や、
今シーズンの効果についてお話を
伺うことができましたので、
ご紹介したいと思います

お客様は、ご自宅前で作っている
トウキビ(北海道で「とうもろこし」
のこと)畑が、毎年アライグマ・キツネ
の被害にあっており、お困りでした。

電気柵設置前のアライグマがトウキビを
物色している様子が次の動画です。



アライグマは一度畑に目を付けると、
頻繁にやってきてはトウキビが熟した
かどうか確認し、ちょうど甘く熟した
ころを見計らって食べてしまいます。

そのため、収穫を目前にした農家さん
のショックは計り知れません。

そこで、今シーズンは当社でご購入いただいた
中型動物用電気柵4段100mセット(B12)」を
設置し、アライグマの侵入防止に着手されました。



電気柵は、とても丁寧に設置して頂いていました。
柵の四隅だけでなく、その中間にも角材の柱を
入れて強度をアップしています。



通常、中間の柱はセットに付属の
グラファイポールで十分なのですが、
恒常的に設置する際は、数本に一本、
強度の高い角材を使用すると良いと
思います。

電気柵の高さは40cm以下
実際に野外でみると、飛び越えられて
しまうのでは・・・と
心配になる高さです。

しかし、電気柵は物理的に侵入を防ぐ
ものではなく、電気刺激により
「近づきたくない!」という心理的な
効果を狙ったものです。

そのため、アライグマ・キツネが触れ
やすいように、低い位置に密集して
柵を張ることが効果的といえます。



漏電の原因となる下草もきれいに
処理されていました。
大変な作業ですが、電気柵の効果持続
のためにはとても重要なポイントです。

収穫シーズンも終わりを迎え、畑には
トウキビが一列残るのみとなってい
ましたが、なんと今年は一度も被害が
無かったそうです!

電気柵の外側には、キツネの足跡も
残っていましたが、しっかりと侵入を
防いでいるようでした!

電気柵は適切に設置することによって、
安全、効果的にアライグマ被害を
防除することができます。

私としても、アライグマ対策用として
の電気柵を実際に使用している現場を
見る機会が少なかったため、お客様の
様々な工夫や努力、そして実際の効果
を目の当たりにでき、とても勉強に
なりました!

最後に図々しく、採りたてのトウキビ
やトマト、ジャガイモなどのお野菜を
頂いて、大喜びで帰りました・・・。

この場をかりて御礼致します。
ありがとうございました!

<後日談>
お客様から連絡を頂き、シーズンも
終わったところで電気柵を撤去した
ところ、その翌日には畑に残った
トウモロコシ20株がアライグマに
やられて全滅したそうです・・・。

恐るべしアライグマ。
そして電気柵の効果も実感しました!

電気柵についての詳細は以下もご覧ください。
★電気柵とは?~電気柵の種類と選び方~
http://www.choujuhigai.com/fs/chiikan/c/inoshishidenkisaku_syurui

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★アライグマ、ハクビシン、アナグマ等用電気柵 4段100mセット(B12)
http://www.choujuhigai.com/fs/chiikan/raccoon-package/sm0281
★アライグマ対策やキツネ対策用電気柵セット品⇒
http://www.choujuhigai.com/fs/chiikan/c/raccoon-package
★動物被害を防ぐ4つのステップとは?⇒
http://www.choujuhigai.com/fs/chiikan/c/kemonohigai/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鳥獣被害対策.comでは、商品の割引情報など
お得な情報が満載なメールマガジンを
月に2回、配信しています!

ぜひ、登録してみてください!
★メルマガ登録はコチラから⇒
https://choujuhigai-blog.com/mailmagazineentry

千葉 利朗

Pocket
LINEで送る