こんにちは
鳥獣被害対策.com」の宮畑です。

今日の鳥獣害対策の知恵袋は、
箱罠でアライグマを捕獲する時の
留意点についてのお話です。

アライグマを捕獲する場合は、
中型獣用の箱罠がよく用いられます

扉が閉まる作動方式には、踏板式と
吊り餌式がよく用いられます。

鳥獣被害対策.comでは、踏板式のものでは
アニマルトラップH1079
折り畳み式のアニマルトラップ Model1089など、
吊り餌式のものでは、
捕獲器ジャンボRB65
捕獲器ジャンボRB75
などを扱っています。

どちらの方がよく獲れますか?
という質問をよく受けます。
答えは・・・どちらでも同じように獲れます。

どちらのタイプを選ぶかは、実際にわなを
仕掛ける人が、扱いやすいと思うものを使う、
という視点も大切です。

それぞれのタイプの箱罠の構造や使い方
については、下記のブログに詳しく書いて
ありますので、選ぶ際の参考にしてください。

★箱罠(踏板式、吊り餌式)動作の違い
http://choujuhigai-blog.com/archives/4554

今回の捕獲には、折り畳み式の
アニマルトラップModel1089
を使いました。

捕獲場所は、埼玉県北部の山林内です。
この場所には、アライグマのほかタヌキ、
テン、アナグマ、ハクビシン、ノウサギ等
の中型獣が生息しています。

設置場所は、小さな沢沿い、水辺周辺は
アライグマが特に好む環境です。
箱罠に向け自動撮影カメラの
BMC SG560K-12mHDを設置しました。


わなを設置して3日目にアライグマが
捕獲されました。

点検に行くと、箱罠が谷底に転がり
落ちていました。

箱罠で中型獣を捕獲すると、捕獲さ
れた獣が中で暴れて、わなごと斜面を
転がり落ちてしまうことがあります。

このほか、獣が箱罠に寄り掛かったり、
上に乗ったりすると、揺れでトリガーが
外れて扉が閉まってしまい、獲物が捕れ
ない、ということもあります。

今回、私は面倒くさがって、ペグでの
固定はしていませんでした。。
斜面を転がり落ちたりすると、衝撃で
わなが破損したり、せっかく捕獲した
獲物に逃げられることもあります。

急な斜面の近くでわなを設置する際や
体重のあるアライグマを捕獲しようと
する際は、扉のカラ落ち防止、箱罠
転落防止のため、ペグなどで4隅を
固定しておくことをお勧めします。

箱罠の中でアライグマが暴れている様子


箱罠が転がってしまった後の様子


下記の関連ブログも是非お読みください
★折り畳み式の箱罠でアライグマを捕獲するための「コツ」をお教えします!
http://choujuhigai-blog.com/archives/5007
★アライグマを捕獲!踏板式箱罠フィールドテスト結果
http://choujuhigai-blog.com/archives/3272

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★アライグマ捕獲用箱罠はコチラから⇒
http://www.choujuhigai.com/fs/chiikan/c/raccoon-boxtrap-small
★アライグマ対策商品はコチラから⇒
http://www.choujuhigai.com/fs/chiikan/c/raccoon
★アライグマの生態など⇒
http://www.choujuhigai.com/fs/chiikan/c/description-araiguma
★動物被害を防ぐ4つのステップとは?⇒
http://www.choujuhigai.com/fs/chiikan/c/kemonohigai/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鳥獣被害対策.comでは、商品の割引情報など
お得な情報が満載なメールマガジンを
月に2回、配信しています!

ぜひ、登録してみてください!
★メルマガ登録はコチラから⇒
https://choujuhigai-blog.com/mailmagazineentry

宮畑 貴之

Pocket
LINEで送る