こんにちは、
鳥獣被害対策.com」の久野です。

今日の鳥獣被害対策の知恵袋は、
動物資源の有効活用のうち、
“角(ツノ)”についてのお話です。

動物資源の有効活用といえば、
最近は“ジビエ”が徐々に注目され
はじめていますね。

数年前と比べて、道の駅などでシカや
イノシシの加工食品を目にする機会が
増えたように感じますし、ジビエ料理
専門店がオープンしたといったニュー
スも各地で聞くようになりました。

さて、みなさんは1年に捕獲される野生
動物のうち、食肉などに利用されるのは
何割くらいだと思いますか?

最も多く捕獲され、利用されているシカ・
イノシシについて考えてみましょう。

環境省統計資料によると、平成25年(2013)
に捕獲されたシカ・イノシシは、狩猟とその
他(有害捕獲等)を合わせて、964,500頭と
発表されています。





※環境省ホームページ『狩猟及び有害捕獲
等による主な鳥獣の捕獲数』を元に作成。

このうち、何割が食肉などの動物資源として
利用されているかは、正確にはわかりません
が、NPO法人日本ジビエ振興協議会によると、
「捕獲されたシカ・イノシシが食肉として利
用される割合は、数パーセントにすぎない」
としています。

肉以外にも、皮や角、骨などが利用されるこ
とはありますが、それらは肉と比べて利用割
合が低いため、捕獲された動物が何らかのか
たちで利用される割合は、肉以外の部位を含
めたとしてもやはり数パーセントと考えてよ
いでしょう。

なお、動物資源を利用してきた人類の歴史に
ついては、中島久恵さんの著書、『モノにな
る動物のからだ 骨・血・筋・臓物の利用史』
(批評社)に詳しくまとめられています。


※画像引用元 Amazon.co.jp

人間が動物資源をどのように利用してきたか
について興味のある方はぜひご一読ください。

実は、かくいう私も動物資源の利用に興味の
ある一人であり、趣味で皮なめしや肉の燻製
などを行っています。


↑皮なめしをしたタヌキ
※皮なめしの様子については、
「野生動物の利活用レポート①~皮から革へ~」
をご覧ください。
http://choujuhigai-blog.com/archives/4015

肉や皮以外に、角や骨にも興味があり、猟師
さんから譲り受けたり、山で拾ったりしたも
のをコレクションしています。
※公園等では動植物や土石の採取は規制され
ている場合があります。


↑イノシシの頭骨

そしてつい先日は、「山を歩いていたら角を
拾った」という方から、鹿角を譲っていただ
きました。


↑いただいた鹿角

みなさんご存じのとおり、鹿の角は毎年生
え変わるので、運がよければ鹿の角を拾う
ことがあります。

そうした角のことを、落角(ラッカク、オチ
ツノ)と呼んだりします。

ちなみに、いただいた鹿角は分岐が3又だった
ので、4歳以上の雄鹿と思われます。

※角の分岐でおおよその齢推定ができます。



さて、それでは鹿角を利用して何か作ってみましょう。

書籍によると、古来より鹿角は様々な用
途で利用されており、日本でも縄文時代の地
層から、角を用いた装身具や、刃物、矢じり
などが出土しているそうです。

私も原始的にそれらの道具を作ろうかと考え
たのですが、あいにく装身具(アクセサリー)
は腕時計以外しませんし、刃物は丈夫な金属
刃物が開発されている現代において、あまり
制作する意義が感じられません。

矢じりに至っては、弓矢による狩猟が禁止さ
れている日本では使うこともできません…。

そこで、現代の鹿角の用途としてポピュラー
である、ナイフの『柄』を作ってみること
にしました!

角で作ったナイフの柄は、一般に「スタッグ
ハンドル(stag handle)」と呼ばれます。

今回は、木製の柄の折り畳みナイフをスタッ
グハンドルに変えてみます。



まずは元のナイフを刃と柄の部分に分解
します。

このとき日本刀と同じ「目釘(めくぎ)」を
抜くことで分離できるのですが、ナイフの目
釘は小さいのでなくならないように気をつけ
ます。

目釘はハンマーとポンチがあれば押し出すこ
とができます。


↑抜く途中の目釘。ここまで出せばあとは
プライヤーで引き抜くことができます。


↑分解した折り畳みナイフのパーツ

次に柄にしたい角の部分を糸ノコギリで切り
ます。
角は曲がったり捻じれたりしているので、
いろんな場所で握り心地を確かめてから
切り出す部分を決めます。



その後、糸ノコギリと紙やすりでさらに形を
整えます。
やり直しがきかないので、今回のように元の
型がある場合は、ノギスなどでしっかり採寸
しておきましょう。


写真を撮り忘れましたが、元のナイフの金属
部が鹿角にぴったりはまるようにサイズを
調整するのに非常に苦労します。

あとは目の細かいやすりで細部を磨き上げ、
最終的にこのような仕上がりになりました。


適度な凹凸が手になじみます。


少しだけ右に曲がっていますが、
それはご愛嬌ということで…。

今回は鹿角の持つ自然な質感を活かすため、
接合部以外に極力やすりはかけていません。
さらに表面にまでやすりをかければ、滑らか
で白い仕上がりにすることもできます。

表面のこげ茶色の部分は、シカが樹皮に角を
こすりつけた際のヤニや、泥あびした際に付
着した土などなので、気になるのであれば削
り落とすこともできます。

作業には2日ほどかかりましたが、電動の糸
鋸盤や、ボール盤があれば、きっと1日もか
からずにできるでしょう…。

余談ですが、実はナイフの刃の部分にも手を
加えており、黒錆加工を施したので、銀色の
刃から黒色に変化しています。
(鳥獣被害対策のブログなので割愛します…。)

やはり、道具は、試行錯誤しながら“カスタ
マイズ”することによって、構造や特性に対
する理解が深まりますし、世界にひとつだ
けのものになって、愛着が増しますね!

野生動物の利活用は、近年ジビエに特に注目
が集まっていますが、角や歯、骨についても
目を向けてみれば、新たな価値を発見できる
かもしれません。

以上、野生動物の利活用レポート③でした。
また、新たな野生動物の利活用を発見し、
皆さまに情報提供したいと思います。

乞うご期待!

★野生動物の利活用レポート①~皮から革へ~
http://choujuhigai-blog.com/archives/4015
★野生動物の利活用レポート②~カンピンタンを求めて~
http://choujuhigai-blog.com/archives/4170

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★シカ被害でお困りなら⇒
http://www.choujuhigai.com/fs/chiikan/c/deer
★タヌキ被害でお困りなら⇒
http://www.choujuhigai.com/fs/chiikan/c/tanuki
★イノシシ被害でお困りなら⇒
http://www.choujuhigai.com/fs/chiikan/c/boar
★動物被害を防ぐ4つのステップとは?⇒
http://www.choujuhigai.com/fs/chiikan/c/kemonohigai/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鳥獣被害対策.comでは、商品の割引情報など
お得な情報が満載なメールマガジンを
月に2回、配信しています!

ぜひ、登録してみてください!
★メルマガ登録はコチラから⇒
http://choujuhigai-blog.com/mailmagazineentry

久野 航

Pocket
LINEで送る