鳥獣被害対策と野生生物の専門家による鳥獣被害対策の【知恵袋】
ブログ

獣害対策

正しい電気柵の普及

7月に起きた悲しい事故を踏まえて、「電気柵」を野生動物との「共生」や安全で合理的な製品としての理解と普及について考えてみました。

地域ぐるみの猿対策~群れ把握と地図作り

本日の鳥獣害の知恵袋は、猿対策として地域ぐるみで猿被害対策、捕獲の取り組みを行う体制づくりを行った話を紹介したいと思います。猿の群れの行動圏を把握するための調査は、継続的に実施することが重要です。さて、2年間の継続調査でわかったことは・・・

猿被害に有効!おじろ用心棒(防護柵)の設置

「おじろ用心棒」は設置が簡易な防護柵であり、猿被害に対し非常に効果の高い柵です。今回は和歌山県のミカン畑での設置事例についてご紹介します。この地方は 近年、猪シや猿ルの被害が増え、特に猿被害は深刻な問題となっています。

「鳥獣被害対策.com」の管理人が変わりました

「鳥獣被害対策.com」 の新しい責任者となり ました井上です。よろしくお願いします! なお、これまでの責任者 …

猿対策用の防護柵、設置後の留意点は?

防護柵を設置したにもかかわらず、猿など害獣の侵入を防ぐことができず、獣害が継続するという場合があります。そこで今回の鳥獣害対策の知恵袋では、獣害対策商品の防護柵「おじろ用心棒」を例に、防護柵設置後の害獣のおもな侵入箇所と、その対策についてお話ししたいと思います。

1 2 3 »

鳥獣被害対策.com

イノシシ、シカ、アライグマ、ハクビシン等の鳥獣害対策グッズを販売しています。
電気柵、ワイヤーメッシュ柵、箱わな、自動撮影カメラ、忌避用品など、各種揃っています!
運営会社 株式会社地域環境計画


イノシシ対策の罠

猪被害を防ぐ3つのステップ

メルマガ登録

twitter

カテゴリー

PAGETOP
Copyright © 鳥獣被害対策の知恵袋 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.