鳥獣被害対策と野生生物の専門家による鳥獣被害対策の【知恵袋】
最新記事

生きもの調査

【獣害対策】動物の動きを予測するポイントとは!?

私たち生きものの専門家は、日々いろいろな土地を訪れ調査をします。当然初めて訪れる土地もありますが、そんな時でも素早く現地の環境や動物の状況を把握しなければなりません。この時の視点は、獣害対策においても動物の出没や被害の予測に役立ちます。一体何を見ていると思いますか?今回は、私たちが注目する視点(ポイント)について、お伝えします。

センサーカメラ「ハイクカムSP 158-J」を使って、家の回りの生きもの調査

画像の無線送信機能が付いたワイヤレスセンサーカメラ『ハイクカムSP 158-J』を使い、家の近所で生きもの調査を行いました。『ハイクカムSP 158-J』は撮影された画像データがメールアドレスに送信され、スマホやパソコンなどで確認することができます。さて、どんな生きものが撮影されたでしょうか。

鳥獣被害対策.com

鳥獣被害対策.com

イノシシ、シカ、アライグマ、ハクビシン等の鳥獣害対策グッズを販売しています。
電気柵、ワイヤーメッシュ柵、箱わな、自動撮影カメラ、忌避用品など、各種揃っています!
運営会社 株式会社地域環境計画


イノシシ対策の罠

猪被害を防ぐ3つのステップ

メルマガ登録

twitter

カテゴリー

PAGETOP
Copyright © 鳥獣被害対策の知恵袋 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.