鳥獣被害対策と野生生物の専門家による鳥獣被害対策の【知恵袋】
最新記事

鳥害対策

【獣害対策】動物の動きを予測するポイントとは!?

私たち生きものの専門家は、日々いろいろな土地を訪れ調査をします。当然初めて訪れる土地もありますが、そんな時でも素早く現地の環境や動物の状況を把握しなければなりません。この時の視点は、獣害対策においても動物の出没や被害の予測に役立ちます。一体何を見ていると思いますか?今回は、私たちが注目する視点(ポイント)について、お伝えします。

日本鳥学会2012年度大会 参加レポート

日本鳥学会2012年度大会に参加しました。鳥害に関する発表のうち、2つを紹介します。1つめは「テグスを何cm間隔で張れば、カラスの侵入を防げるか」、2つめは「2004年と比べてカワウの集団繁殖地やねぐらがどのくらい増えているか」です。

カラス被害対策 ゴミ対策のいろいろ

都会ではカラスの増加やゴミの食い散らかしが問題となっていますが、これらのカラスの餌の大半は、人間から出された生ゴミだと言われています。ですから、カラスの被害を減らすためには、まず人間が出すゴミ対策を徹底する必要があります。今回は、都会において、どんなゴミ対策が行われているか紹介したいと思います。

カラス被害とごみ対策 ~カラスの能力と特性~

都会では、カラスによるゴミの食い散らかしが問題になっています。東京都のカラスの餌は、その2/3程度が残飯等の生ゴミや人からの給餌であったという報告もあることから、カラスが人の生活に強く依存していることが分かります。ここでは、カラスは、なぜ袋に入っているゴミを餌と認識するのか?カラスは臭いが分かるのか?カラスの好物は何か?効果的なゴミ対策は?といった問題を取りあげたいと思います。

カラス被害とごみ対策 ~自治体の取り組み~

都会では、カラスによる被害が深刻です。被害の実態は、人を襲う、威嚇する、ゴミを食い散らかす、羽音や鳴き声による騒音といったものです。ここでは東京都の事例を挙げながら、カラスとゴミ対策について、自治体の取り組みを紹介したいと思います。

1 2 »

鳥獣被害対策.com

鳥獣被害対策.com

イノシシ、シカ、アライグマ、ハクビシン等の鳥獣害対策グッズを販売しています。
電気柵、ワイヤーメッシュ柵、箱わな、自動撮影カメラ、忌避用品など、各種揃っています!
運営会社 株式会社地域環境計画


イノシシ対策の罠

猪被害を防ぐ3つのステップ

メルマガ登録

twitter

カテゴリー

PAGETOP
Copyright © 鳥獣被害対策の知恵袋 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.