鳥獣被害対策と野生生物の専門家による鳥獣被害対策の【知恵袋】
ブログ

シカ被害

サラリーマン猟師の狩猟報告2016/足くくり罠編

今回の鳥獣被害対策の知恵袋は、くくり罠の狩猟のお話しです。くくり罠の設置のコツを画像付きでご紹介します。サラリーマン猟師が鳥獣被害対策.comオリジナル商品「跳ね上げ式くくり罠」を使って、シカ・イノシシの狩猟をした成果はいかに!? 

九州地域におけるシカ(ニホンジカ)の被害の現状

日本全国でシカが増え様々な問題が起きています。では、シカが増えるとどのような被害がでてくるのでしょうか?本日の鳥獣害の知恵袋では、シカ被害について3つの項目に分けてお話しします。

シカ(ニホンジカ)の被害もいろいろ~ヤマビル~

ご存知のとおり、シカ(ニホンジカ)は、その分布を広げ、農業被害、植生被害などは、最近マスコミでも取り上げられるようになりました。今回はシカなどの大型動物の分布拡大によって生息域が拡大したのではないかとも言われている「ヤマビル」について紹介します。今後、シカの分布が拡大すれば、農業被害、植生被害に加えて、ヤマビルによる被害も多くなるかもしれません。

シカのウンチを調べてみたら

シカの増加が全国的に問題になっていますが、まずはシカがどこにどれくらいいるのかを明らかにしなければなりません。シカの生息密度を推定するために行われる方法の一つとして、比較的簡単にできて、多くの場所を調べやすい方法に「糞粒法」があります。

シカ被害ではないけれど・・・

日本三景の一つである安芸の宮島に行ってきました。「神の島」として信仰の対象であったため、宮島のシカは人を恐れません。シカと人の距離が近いのはとても微笑ましい光景ですが、人を恐れない野生動物は深刻な鳥獣害が発生する要因ともなりえます。

1 2 3 »

鳥獣被害対策.com

イノシシ、シカ、アライグマ、ハクビシン等の鳥獣害対策グッズを販売しています。
電気柵、ワイヤーメッシュ柵、箱わな、自動撮影カメラ、忌避用品など、各種揃っています!
運営会社 株式会社地域環境計画


イノシシ対策の罠

猪被害を防ぐ3つのステップ

メルマガ登録

twitter

カテゴリー

PAGETOP
Copyright © 鳥獣被害対策の知恵袋 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.