鳥獣被害対策と野生生物の専門家による鳥獣被害対策の【知恵袋】
最新記事

お知らせ

狩猟免許(わな猟)を更新しました

こんにちは、「鳥獣被害対策.com」の米田です。 先日3年ごとに行われる狩猟免許(わな猟)の 更新を行いました …

「鳥獣被害対策.com」の管理人が変わりました

「鳥獣被害対策.com」 の新しい責任者となり ました井上です。よろしくお願いします! なお、これまでの責任者 …

食害の犯人はハクビシンシ?

ハクビシン被害を確認するために自動撮影カメラを設置しました。自宅のサクランボを収穫しようと思っていたら、枝の一番熟していた実がひとつ残らず見事に食べられていました。状況証拠からハクビシンの可能性が考えられました。被害を起こしている犯人特定のため、サクランボの木に向けて自動撮影カメラ(BMC SG560P-8M)を設置しました。

【自動撮影カメラ雨天ルーフプレゼントキャンペーン】お知らせ

本日、2013年7月2日より 鳥獣被害対策.comにて、
「カメラ用雨天ルーフ」プレゼントキャンペーンを実施中です!

ツキノワグマの出没について~狩猟者数との関係~

今回はツキノワグマの出没が増えてきた理由として「猟師が減り、狩猟圧が減ったから?」「クマが人を怖がらなくなったから?」と言われていますが、それはどうしてなのでしょう。前回に引き続き、ツキノワグマについてのお話をじっくりお読みください。

1 2 3 »

ブログ検索

鳥獣被害対策.com

イノシシ、シカ、アライグマ、ハクビシン等の鳥獣害対策グッズを販売しています。
電気柵、ワイヤーメッシュ柵、箱わな、自動撮影カメラ、忌避用品など、各種揃っています!
運営会社 株式会社地域環境計画


イノシシ対策の罠

猪被害を防ぐ3つのステップ

メルマガ登録

鳥獣被害対策.com

twitter

カテゴリー

PAGETOP
Copyright © 鳥獣被害対策の知恵袋 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.